スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パット・メセニー 「オーケストリオン」のライブに行ってきた!



昨日(6/11)すみだトリフォニーホールでのPat Metheny のアルバム「Orchestrion」のライブに行ってきました。

いや~、面白かった。

祖父母の家にあった自動演奏ピアノ(勝手に鍵盤が沈んで音が鳴るやつ)から発想を得て、それをオーケストラにまで拡大したのが「オーケストリオン」。実際、こういったコンセプトのものは昔からあったようです。現代になって完成されたのは、ソレノイド技術の発達によるそうです。
このあたりはパット・メセニーの公式サイトにいろいろ書いてあるので、興味のある人はどうぞ→http://www.patmetheny.com/

ちなみにソレノイドってのはこれ→wiki ソレノイド
高校レベルの物理でも習いますね? 電流を流すとコイルの中に磁場が発生します。 たとえば、中に鉄心を入れておくと、その鉄心を直線運動させることができますね。その運動をマレットのストロークなどに変えているのだと思います。 
まあ、この原理を音楽的に使用可能なレベルに高めるのが難しかったのでしょうね。たとえばコイルに流す電流の制御とか?

あ、話がそれましたね・・・。

メセニーのソロギターからライブスタート。メインディッシュはまだお預け。でもこのオードブルだけでおなかいっぱいです。

3曲ほどやったところで、オーケストリオンのなかの、ハイハットとベルだけを使ってパフォーマンス。
そこからオーケストリオンがお目見え(はじめ、主な部分はステージ後ろに暗幕で隠されていました。)し、アルバム曲へ。
ラックで積み上げられた楽器群は壮観。 欲しいw

アルバム曲を一通り終えた後も、オーケストリオンを用いての即興セッションなど、見ていてホント飽きなかった。
アンコールも2曲演奏してくれ、2時間を超える大満足のライブでした~。


聴いたことのない人は是非!
まあ、ライブで見てこそって感はありますが・・・。


ん~、しかし最後までストリングスの音がどこから出てるのかわからなかったな・・・。
まさか、そこだけカラオケとか?w ベースもイマイチよく見えなかった・・・。アコベっぽい音もセットしてあったエレベで出していたのか・・・?

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

tag : 音楽 音楽生活

スラップ・モンスター「Bill Dickens」

先日、可愛すぎるベーシスト「FチョッパーKOGA」ちゃんを紹介したので、その関連で今回はある意味その対極に位置する人を紹介します。

その名もスラップ・モンスター「Bill Dickens(ビル・ディケンズ)」w すいません、スラップ・モンスターってのは今僕が勝手に名付けましたw でも動画を見ると絶対そう思うはずですw あ、ベース魔人とかベース魔王とかでもいいかもw


↑インタビュアー(下のバンドのドラマー?)の笑い方もわざとらしいですが、そのあとのビルの笑い方が・・・w あと弾き終わった後の顔がグッド!w


↑登場シーンがまさにラスボス登場w 彼の教則DVDからのデモ演奏のようです。 7弦でスラップしてます。9弦とかも使うらしいですw でもなんか全体的にB級臭が・・・?w 

以下、英語版Wikipediaの記事をZipangu訳で↓

Bill "The Buddha" Dickens はアメリカ人のエレクトリック・ベースギター・プレイヤーである。

Dickens は幅広い層のさまざまなアーティストと共演しており、Pat Metheny, George Michael, Joe Zawinul, Janet Jackson, Grover Washington, Jr., Chaka Khan, Mary J. Blige, Freddie Hubbard, Al Di Meola, Dennis Chambers, Steve Morse, Randy Newman and The Hooters などが含まれる。

1983年 から 1999年 まで、Ramsey Lewisの3つのレコーディング・セッション( Les Fleurs, A Classic Encounter and Urban Renewal)に参加した。

彼は Victor Wooten, Steve Bailey , Oteil Burbridge とともに "The Day The Bass Players Took Over The World"というコンサートで演奏した。

ディケンズは大抵、4弦のベースよりも Extended-range basses(もしくは "ERBs") を用いて演奏する。
Extended-range basses とは、より広い音域をもったエレクトリック・ベースギターのことであり、大抵多くの弦が張ってあることを意味するが、フレットが拡張されていることもある。
Bill Dickens は funk (とくに speed funk)の演奏でよく知られている。



Bill Dickensの今までに出した2枚の教則DVDがセットになった作品。
ファンになった人はぜひチェック!!
リージョン1なので、そこは気をつけてください。



↑スラップだけじゃないぜ!!w



関連:美少女ベーシスト「FチョッパーKOGA」

テーマ : 楽器 - ジャンル : 音楽

美少女ベーシスト「FチョッパーKOGA」

いまどき「チョッパー」なんて言い方をする人がいるのだろうか・・・、とか思いつつYouTubeで面白い動画を見つけたので紹介します。



「可愛すぎるベーシスト、FチョッパーKOGA」さんによる教則DVDのPVのようです。
僕は前半のデモ演奏時のスタイルのほうが好きですw デコがいい味だしてますw 
後半は隠れちゃってて萎えます・・・w

演奏技量は、まぁ・・・それなりですが、初心者対象のDVDのようなので必要にして十分ではないでしょうか。
最近の若いモンにありがちな(w)、レッチリのフリーみたいなへぼいスラップではなく、しっかり音の芯のでた基本に忠実な(?)フォームで好感が持てます。そういう意味では確かに「チョッパー」っぽいかもしれませんw (チョッパーというと、どうしても80年代のJ-Fusion、Cross Overが頭に浮かんでしまいます)

なにより、こういった教則DVDなんかを出すスタジオミュージシャンなんかに欠如している「愛嬌」というファクターがあるのがいいですね! もともとグラビアアイドルなんかをやっていた人らしく、その辺はプロフェッショナルだな~と感じました。これなら「よ~し、じゃあおじさんもスラップがんばっちゃおうかな~」なんて気になっちゃいますよねw

スラップやってみたいけど周りに教えてくれる人がいない、もしくはマッチョなおっさんベーシストと画面上で向き合うのがイヤ(w)という人、このFチョッパーKOGAちゃんのDVDを手に取ってみてはいかがでしょうか?







↑FチョッパーKOGAちゃんの所属バンド「Gacharic Spin」のシングル「Lock On!!」のPV。
う~ん。正直売り方が間違っているとしか思えない・・・。スラップやりたいんだったらファンクだの、R&Bだの、いわゆるミクスチャーだのいろいろあっただろうに。メンバーにいないシンセの音が一番目立ってるってどういうこと?w 完全にイロモノですw 残念ながらこれでは評価されないでしょうね。

関連:スラップ・モンスター「Bill Dickens

テーマ : 楽器 - ジャンル : 音楽

tag : 音楽生活 音楽

サイト内検索
ウェブ検索
amazonで検索

リンク
RSSリンクの表示
プライバシーポリシー
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。