スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Jポップとは何か


・著者:鳥賀陽 弘道

・発行:岩波書店


AMAZONによる商品説明

・内容(「BOOK」データベースより)
一九九〇年代、日本の音楽産業は急激な成長を遂げる。CDのミリオンセラーが続出し、デジタル化や多メディア化とともに市場規模は拡大し続け、いまや日本は世界第二位の音楽消費大国である。こうした変化をもたらした「Jポップ」現象とは何か。産業構造や受容環境の変化など、音楽を取り巻く様々な要素から鋭く分析する。

・著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
烏賀陽 弘道
ジャーナリスト、1963年京都市生まれ。86年に京都大学経済学部を卒業し、朝日新聞社記者になる。91年から2001年まで『アエラ』編集部記者。92年にコロンビア大学修士課程に自費留学し、国際安全保障論(核戦略)で修士課程を修了。同誌では音楽・映画などポピュラー文化のほか医療、オウム真理教、アメリカ大統領選挙などを取材。98年から99年までニューヨークに駐在。03年に退社しフリーランスに(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

・目次
第1章 「J」の時代のポピュラー音楽
第2章 デジタル化は何をもたらしたか
第3章 テレビとヒット曲
第4章 「ココロ」の時代の音楽受容
第5章 日本という音楽市場のかたち
第6章 Jポップ産業の挫折―急成長の十年が終わって


2005年4月発行の「産業としてのJポップ」・「ローカルな文化としてのJポップ」について分析した本です。
日本のポピュラー音楽産業について、ある程度まじめに考察した本はあまりないので貴重です。

・第1章 「J」の時代のポピュラー音楽
「Jポップ」の「J」が意味するものは?という話。
経済で世界に比肩するようになった日本。次は文化でも肩を並べたいという日本国民の欲求。
それに応えるための「J」というネーミングと「世界に通用する音楽」という「ファンタジー」。

・第2章 デジタル化は何をもたらしたか
デジタル化による産業構造の変化はもちろん、音楽制作の変化へも言及。
「ピッチ修正」(音程の修正)、「クオンタイズ」(リズムの修正)はなにをもたらしたか? 楽器を弾かなくてもよい音楽制作が可能になったことの「正」の側面と「負」の側面。

・第3章 テレビとヒット曲
タイアップとPV(プロモーション・ビデオ)がもたらした産業構造の変化。
音楽商品のセールスが視覚へ依存するようになり、メディア露出が増えたことによる、歌手の性質の変化(音楽うんぬんよりもキャラクターとして売れるということ)、視覚重視の商品の誕生(ダンス、ビジュアル系)。

・第4章 「ココロ」の時代の音楽受容
「カラオケ」と「バンドブーム」、「自己表現」という社会現象。渋谷文化、「渋谷系」とは?
なぜ日本人歌手は日本人相手に疑似英語(英語として鑑賞に堪えないもの)を使いたがるのか、に見る日本人の欲求。

・第5章 日本という音楽市場のかたち
グローバルな視点で見た日本の音楽市場。世界第二位の音楽消費地でありながら、ポピュラー音楽の日本国外での売り上げやオンエアは、ほぼゼロ。唯一の例外はアニメタイアップ(海外での売り上げの1~10位まではすべてアニメ音楽)。

・第6章 Jポップ産業の挫折―急成長の十年が終わって
テレビ・タイアップが威力を失い、CDが売れなくなった。着メロという新たなビジネス、インディーズの成功、既得権益の防衛に必死になるメジャー、政治権力との癒着・腐敗、そしていまなお残る暗部。


以上のようなことについて分析、ないし自論を展開しています。

ま、しかし日本のポピュラー音楽ってまったく海外で売れないですよね~w そもそも海外で売ろうという気がないんでしょうが・・・。ここまで音楽の輸入と輸出にギャップのある国は他にないのではないかと思います。

基本的に欧米人が日本人のことをダサいと思っているからと言ってしまえばそれまでですがw、そうであるならばこの先もこの構図は変わらないのだろうな~と思います。
まあ、なんかの機会に、日本が戦争で欧米諸国をボコボコにするようなことがあれば話は変わる(文化、志向の強弱・優劣の変化により)かもしれませんが、恐らくそんなことはないでしょう・・・。

もちろん、それで(国内のセールスだけで)市場が成立しているのですから、それはそれでよいのです。なにも、世界から相手にされないJポップは「カス」だとは思いません。それはただの洋楽厨ですw 
洋楽・邦楽といってもいろいろあるだろうと思いますが、そんなことは関係ないのです。彼らにとっては、世界から評価されている音楽を聴いている、「まわりのやつらとは一味違う自分」が大切なのであって、音楽自体には興味がないのでしょう(「クラシック」とか「ジャズ」についても同様のことが言えると思います)。
結局のところ、世界に通用する音楽というファンタジーを持ったJポップファンと同じなのであって、「世界に認められたい日本人」という構図は変わりません。

が、やはり日本のポピュラー音楽シーンが、よりよい音楽を聴きたいという人のニーズに応えられていないのはあり、自らの商品の質・価格を省みることなく、セールスの低下を違法コピーだの逆輸入盤だののせいにして、音質を犠牲にしてCCCDを出したり、安価な逆輸入盤を規制するために著作権法の改正をしたりと必死になっている音楽団体はどうかと思うわけです。ま、僕個人としてはいままでの音楽商品の売れ方が異常だったのではないかと思っているのですが。

ともかく、「Jポップ」ひいては「日本のローカルカルチャー」、「そのローカルカルチャーに生きる日本人」というものについて考えさせてくれるよい本でした。
ポピュラー音楽でメシを喰っていきたいという人には是非読んでもらいたい本です。
産業の構造、そして買い手の特性、欲求を知っておくことはビジネスをするうえで必要不可欠なのですから。

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

tag : 音楽生活 ブックレビュー

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

サイト内検索
ウェブ検索
amazonで検索

リンク
RSSリンクの表示
プライバシーポリシー
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。