スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

永遠に去りぬ (Borrowed Time) / ロバート・ゴダード (Robert Goddard)


著者:ロバート・ゴダード

訳者:伏見威蕃

発行:東京創元社


Amazonによる商品説明
出版社/著者からの内容紹介
夏の盛りの黄金色の日暮れ時に、私は四十代半ばの美しい女性と出逢った。暫し言葉を交わした見知らぬ旅人。だが後日、私は思わぬ報に接する。あのひとが無惨な二重殺人の犠牲者になったというのだ……! 揺曳する女性の面影は、人々の胸にいかなる傷痕を残したか? 重厚な物語が深い感銘を呼ぶ、当代随一の語り部の真骨頂。

*第1位『IN★POCKET』文庫翻訳ミステリーベスト10/作家部門

内容(「BOOK」データベースより)
夏のさかりの黄金色の日暮れどき、静謐な尾根筋を辿っていた私は、四十代なかばの美しい女性と出逢った。ひとときの語らいを楽しんだが、女性は後刻、無惨な二重殺人の犠牲者となる。胸に去来するのは、彼女の残した言葉―あなたとわたし、ほんとうになにかを変えられると思う?悠然たる物語に埋めこまれた悲劇の種子はいかなる実を結ぶのか。鬼才がその底力を発揮した傑作。


ゴダード、いいですね。この作品で初めて読んだんですが、人物設定・プロット・語り口、全部うまいです。訳者さんもいい仕事してます。600ページ程ある本ですが、読みやすく、ストーリーにも引き込まれ、一気に読んでしまいました。

基本的には、Whodunit,Whydunitの話。でも、自分で推理するというよりは、物語を進めて、その展開に驚かされ、楽しむ、といった感じです。

でてくる登場人物も、みんな現実的でグッドですw 自分の利のためにみんな動いているんですね。作り話にありがちな不自然な人物がいない。(主人公は別かもしれません。金持ちで暇人でおせっかいなので。まあ、いまだに階級の色濃く残るイギリスですから、現にこういった人物はたくさんいるのかもしれませんがw)自分の利を守る、得るにはどうすればいいかを考えてそれぞれ行動する。だから事態が拗れる。当たり前っちゃ当たり前ですが、人物描写、それらの絡み合い(プロット)も含め、ここまで綿密に書ける人はそういないのではないかと思います。事実が事実を呼び、螺旋を描きながら真実へと近づいていくその様には様式的、幾何学的な美しさすら感じました。

ゴダード、読んだことのない人がいたらぜひ読んでみてください。前半はスロー・ペースですが、後半の怒涛の展開に興奮すること請け合いです。

テーマ : ブックレビュー - ジャンル : 小説・文学

tag : book_review

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

サイト内検索
ウェブ検索
amazonで検索

リンク
RSSリンクの表示
プライバシーポリシー
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。