スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音楽の基礎 / 芥川也寸志

タイトル:音楽の基礎

著者:芥川也寸志

出版社:岩波書店


Amazonによる紹介
内容(「BOOK」データベースより)
人それぞれに音楽を聞き演奏して楽しむ。しかしさらに深く音楽の世界へわけ入るには、音楽の基礎的な規則を知る必要がある。本書は、作曲家としての豊かな体験にもとづいて音楽の基礎を一般向けに解説したユニークな音楽入門。静寂と音との関係から、調性・和声・対位法までを現代音楽や民族音楽を視野に入れつつ詳述する。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
芥川 也寸志
1925‐1989年。1949年、東京音楽学校研究科卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

作曲家、芥川也寸志(芥川龍之介の三男だそうです)による音楽理論の入門書。

音楽が存在するためには、まずある程度の静かな環境を必要とする。たとえば、鐘もしくはそれに類似する音が鳴り響いている中で、鐘の音を素材とした音楽を演奏しても、その音は環境に同化してしまうので、音楽としては聞こえない。ちょうど、赤い紙に赤色のクレヨンで絵を画こうとするのと同じである。
(中略)
静寂は、これらの意味において音楽の基礎である。
(本文より引用)

から始まる、音楽をよりよく聴くために必要な楽典知識の入門書です。

 一般的な楽典は、経験的な事実が羅列してあるだけですが、この本は新書ということもあり、言葉で丁寧に解説してありますので、非常に読みやすいです(もちろん、譜例も豊富です)。また、上記引用のように、作者の音楽観、音楽哲学というようなものも多く語られており、楽典的な知識がすでにある、という人も純粋に読み物として楽しめると思います。

 非常に素晴らしい本なので、楽器を演奏する人もしない人も、音楽に少しでも興味がある、という人は是非読んでみてください。とくに、「音楽理論を勉強してみたいんだけど、何から始めていいのかわからない」という人には、まずこの本を読んでみることをお勧めします。


P.S.
 一般的に音楽を形成する三要素として、リズム、旋律、和声をあげる場合が多い。けれども、旋律をもたない音楽や、和声をもたない音楽は容易に考えうるのに対して、リズムをもたない音楽は考えられないという事実―リズムなしには音楽は生まれないという事実は、運動、秩序、均衡などという言葉を超えて、リズムがより根源的な、生命と直接関わりをもつ力であることを感じさせる。
 リズムはあらゆる音楽の出発点であると同時に、あらゆる音楽を支配している。リズムは音楽を生み、リズムを喪失した音楽は死ぬ。この意味において、リズムは音楽の基礎であり、音楽の生命であり、音楽を超えた存在である。  
(本文より引用)

ええ、まったくもっておっしゃる通りでございます。リズム、ちょ~大事ですw 楽器を演奏するみなさんはこのことを念頭において日々精進しませうw




ストラヴィンスキー(Igor Fyodorovitch Stravinsky)による現代音楽の古典的名作「春の祭典(Le Sacre du Printemps)」。この曲の初演は1913年です。怒涛の不協和音と、絶え間ない拍子の変化。まさしくプログレw 曲中にちょろっと変拍子を使ったり、ちょくちょく転調するだけでテクニカルだのなんだのと叫んでいる連中とは格が違いますw 均整的な拍子と調性からの脱却という現代音楽の発露が100年前にあったにもかかわらず、主流はいまだに調性音楽です。感性と理性、エンターテイメントとしての音楽とアートとしての音楽が完全に分離してしまった今、音楽がこれからどこへ向かうのか非常に興味深いですね。


↑「春の祭典」はバレエ音楽ですので。ダンスのことは詳しくないのでよくわかりませんが、バレエというよりはコンテンポラリーダンス? ダンスも音楽と同様に芸術表現の歴史的な経緯とかがいろいろありそうですね。

テーマ : ブックレビュー - ジャンル : 小説・文学

tag : 音楽生活 book_review

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

サイト内検索
ウェブ検索
amazonで検索

リンク
RSSリンクの表示
プライバシーポリシー
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。