スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

A Night In Tunisia チュニジアの夜

ジャズ・スタンダードの「A Night In Tunisia(チュニジアの夜)」の紹介です。

トランペッターのJohn Dizzy GillespieがピアニストのFrank Paparelliとともに作曲した、非常に有名なラテンジャズのナンバーです。

当時(1940年代前半)流行していたビバップ(←大抵、ジャズといわれて想像するのはこれ)に、これまた当時流行していたラテンを融合させてできた「アフロ・キューバン・ジャズ」と呼ばれるジャンルのはしりとなった曲です。

コード進行

(key=Dm)
E♭7DmE♭7Dm
E♭7DmEm7(♭5) A7Dm
E♭7DmE♭7Dm
E♭7DmEm7(♭5) A7Dm
Am7(♭5)D7Gm D7Gm
Gm(♭5)C7FEm7(♭5) A7
E♭7DmE♭7Dm
E♭7DmEm7(♭5) A7Dm
Em7(♭5)Em7(♭5)E♭7E♭7
Dm7Dm7G7G7
Gm7Gm7G♭7G♭7
FFEm7(♭5)A7



↑作曲者のガレスピーとチャーリー・パーカー(sax)によるチュニジアの夜。チャーリー・パーカーはこの曲での名演をたくさん残しているようです。


↑The Jazz Messengersによるチュニジアの夜。僕が初めて買ったジャズのCDは、このジャズ・メッセンジャーズの「A Night In Tunisia」でした。


↑キューバ出身のトランペッターArturo Sandovalによる「A Night In Tunisia」。このバージョン、かなり好きです。


↑Chaka Khanによるカヴァー。Michael Brecker(sax)のソロ、いいですね。


↑LaGaylia Frazierによる、おそらく、Chaka Khanによるカヴァーのカヴァー。鍵盤との掛け合いが面白いです。個人的にはコーラスのお姉さん達が気になって仕方がないw




tag : 音楽 曲紹介

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

サイト内検索
ウェブ検索
amazonで検索

リンク
RSSリンクの表示
プライバシーポリシー
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。