スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

基本的なコード 和音 その2

アドリブ入門講座第8回です。

前回に引き続きコードと和音についてです。今回は4つの音からなる和音についてですが、基本的に(トライアド)+(1音)からできているので、前回のトライアドがまだ押さえられていない人は復習してみてください。

では具体的に見ていきましょう。
イメージ135

Major 7th Chord

Major Triadに、rootに対して長7度の音を加えた和音です。5度の音のうえに長3度を重ねた、とも言えます。
さわやかな響きで、手軽におしゃれ感がだせますw

ルートをCとすると、C△7、CM7,Cmaj7などと表記します。

イメージ136

Dominant 7th Chord (7th Chord)

Major Triadに、rootに対して短7度の音を加えた和音です。5度の音の上に短3度を重ねた、とも言えます。

ルートをCとすると、C7のように表記します。

イメージ137

Minor 7th Chord

Minor Triadに、rootに対して短7度の音を加えた和音です。

ルートをCとすると、Cm7のように表記します。

イメージ138

Minor Major 7th Chord

Minor Triadに、rootに対して長7度の音を加えた和音です。

ルートをCとすると、Cm△7などと表記します。

イメージ139

Augmented 7th Chord

Augmented Triadに、rootに対して短7度の音を加えた和音です。

ルートをCとすると、C7(#5)、C7augなどと表記します。

イメージ140

Diminished 7th Chord

Diminished Triadに、rootに対して減7度の音を加えた和音です。つまり隣り合う音の音程はすべて短3度です。

ルートをCとすると、Cdimなどと表記します。ディミニッシュといえば、大抵、トライアドではなく、こちらの方が使われます。

イメージ142

Major 6th Chord

Major Triadに、rootに対して長6度の音を加えた和音です。
ロックやポップスなどでは見かけませんが、ジャズではMajor Triadの代わりに使われたりします。(和音の機能が似ている。Major 7th などもそうですね。)

ルートをCとすると、C6などと表記します。

イメージ141

Minor 6th Chord

Minor Triadに、rootに対して長6度の音を加えた和音です。
上記と同じく、Minor Triadの代わりに使われたりします。

ルートをCとすると、Cm6などと表記します。



とりあえずこのくらいでしょうか。他にも7th sus4、minor 7th ♭5などがありますが、前者はDominant 7thの3度の音を完全4度に変えた、後者はminor 7thの5度を減5度に変えた、などと推測できると思います。

コードについてはいったんここら辺で置いておいて、次からスケール(音階)に入っていきたいと思います。

tag : 音楽 音楽講座

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

サイト内検索
ウェブ検索
amazonで検索

リンク
RSSリンクの表示
プライバシーポリシー
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。