スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全音と半音

アドリブ入門講座第3回。
今回から音の間隔(音程)についてみていきたいと思います。
今回は隣り合う音同士の間隔について。

・(ドとレの関係)≠(ミとファの関係)
突然ですが、これ、ご存じでしたでしょうか。おなじみの「ドレミファソラシ」ですが、それらの間の間隔はすべて等しいわけではないんですね。

ちょっとピアノ鍵盤の図を作ってみたので見てみてください。
ピアノ鍵盤

白鍵と白鍵のあいだに、黒鍵があるところとないところがあるのに気が付きますね。
黒鍵がないのはミとファの間とシとドの間です。

ところで、前に12平均律についての記事を書きましたが、読んでいただけたでしょうか?
要は、1オクターブ内にある音を12個に均等に分割した、という話でした。

つまり、黒鍵も含めると、隣り合う鍵盤どうしの間隔はすべてひとしくなるのです。
したがって(ミとファ)の間隔は(ドとレの間隔)より狭く、(ドとド♯の間隔)に等しいということができます。(シとドの間隔)についてもおなじです。

この、ミとファ、シとド、ドとド♯などの間隔のことを「半音」といいます。もう少し詳しくいうと「全音階的半音」(ミとファ、シとド、つまり幹音どうしで半音)と「半音階的半音」(ドとド♯など。ひとつ幹音が記号によって半音離れたもの)に分けられます。ちなみに、「幹音」とは「ド、レ、ミ、ファ、ソ、ラ、シ」のこと。「派生音」は「幹音」に記号などがくっついたもの(ド♯やソ♭など)のことです。

また、ドとレ、レとミ、ソとラなどの間隔のことを「全音」(全音階的全音)といいます。「半音」2つ分で「全音」の間隔に等しくなるのはもうお分かりですね。

今回は以上です。これらは音階(スケール)を分析するときによく使うので、憶えておいてください。

tag : 音楽 音楽講座

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

サイト内検索
ウェブ検索
amazonで検索

リンク
RSSリンクの表示
プライバシーポリシー
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。