スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラムスティックの握り方(ドラムスティックのグリップ)

ドラム入門講座、第1回は「ドラムスティックの握り方」についてです。

まあ、スティックは身体の延長でもあり、また、直接音を出す部分(打面)にも触れることになるため、こだわり始めると、きりがありません。 今回は、その握り方(グリップ)だけに限定して話を進めたいと思います。

とりあえずリンク先のページ→「ドラムスティック(Wikipedia)」の「握り方」の項を見てください。

握り方には大きく分けて2種類、マッチドグリップとレギュラー(トラディショナル)グリップとがあります。んで、マッチドグリップのなかにはさらに手の角度によってフレンチ、アメリカン、ジャーマン、とあります。

まず、レギュラーとマッチドについてですが、これからドラムを始める人にはマッチドをお勧めします。合理的に考えると、レギュラーのメリットはあまりない気がします・・・。まあ、左右の握りが別なので、別々の動きをさせやすい(気がする)とか、小さい音量でのスティックのコントロールがやりやすいとか、あと玄人っぽくてカッコイイ(これはかなり重要ですがw)、とかですかねぇ。ジャズ系の人はレギュラーを使う人が比較的多いですね。あと、もともとマーチングをやってた人とか。
あ、話がそれましたが、まあとりあえずマッチドで入るのが無難だと思います。んで最終的に両方使いこなせるのが理想です。

次に、フレンチ、アメリカン、ジャーマンについてですが、基本的にはどうでもいいですw 叩いていればそのうち自分に適した形に落ち着く(筋肉のつき方とか、指の長さのバランスなどにより)と思うので、とくにこだわる必要はないかと。叩く場所によっても変わったりしますしね。強いて特徴をあげるとすれば、ジャーマンは手首が使いやすいので、パワフルなストロークがやりやすいです。逆に、フレンチでは手首は使いづらいので、力は入れづらいですが、指先が使いやすいので繊細なコントロールをするのに適しています。アメリカンは・・・その中間?w 使わないのでわかりません。
ちなみに僕の場合は、気がついたらジャーマンに落ち着いていました。ただ、ハットやライドを叩く右手はフレンチにすることがあります。

で、握り方はどうでもいいとして、何より大切なのは、親指と人差し指(場合によっては中指など)とで、しっかりと支点(回転軸)を作ってやる、ということです。てこの原理における「支点」を思い浮かべてください。大事なのは点で固定するという意識をもつことです。そして、その点を軸として、スティックは打面に対して垂直に回転運動を行う、というイメージを持ってください。そうでなくては、のちのち「ダブルストローク(2つ打ち)」などを習得するときに、いつまでもスティックのリバウンドを拾えない、という事態になりかねません。
そして、あとの指は添えるだけです。握り込まないようにしてください。握りこんでしまうと、手に力が入ってしまい、手首、ひいては腕全体の柔軟な運動を妨げることになります。結果としていつまでたっても脱力ができず、硬い動きのまま、初心者臭さが抜けない、ということになってしまいます。これらの指に力を入れるのは打面にヒットする直前だけです。

どこを握るか? 別に好きな所を握ってかまわないと思いますが、基本的にはスティックのリバウンドが一番良く返ってくる点を支点とするように握ります。スティックをその点で支えてみて、なんの力も加えずに打面に落とし、一番高くまで返ってくる点が握るべき点といえます。


ん~、スティックの握り方に関してはこんなところでしょうか・・・。言葉で説明するって難しい。ドラムの教則DVDがたくさんあるのも頷けます。ドラムという楽器は、型、というかフィジカルな要素が重要な楽器だと思いますし。まあ、いろいろ書きましたが、それらを頭にとどめつつ、自分でいろいろ実験してみて、身体で学んでみてください。


↑参考になるので是非みてください。英語は聞き取れなくてもいいですw Dave Wecklの教則DVD「Natural Evolution How to develop technique」。スティッキングの基礎を丁寧に解説してくれています。ウェックルは中指を支点、人差し指をガイドとして三角形の形でグリップをつくっているようです。ただ、いきなりこれをやるのは難しいと思うので、まずは基本的な形から始めてみましょう。


テーマ : 楽器 - ジャンル : 音楽

tag : 音楽 ドラム講座

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

サイト内検索
ウェブ検索
amazonで検索

リンク
RSSリンクの表示
プライバシーポリシー
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。