スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PEASANTS, PIGS & ASTRONAUTS / KULA:SHAKER


KULA:SHAKER(クーラ・シェイカー)のアルバム「PEASANTS, PIGS & ASTRONAUTS」の紹介・レビューです。

ジャンル:ROCK , British

イギリスのロックバンド、クーラシェイカー。 僕は基本的にジャンルに関わりなく、何でも聴く雑食派なのですが、正直ブリティッシュ系のロックはあんまり聴かないんですよね~。別に嫌いな訳ではないのですが、なんというか、音楽的にシンプル過ぎて、音楽的な面白みがないというか・・・w まあ、もちろん、そのシンプルさが魅力でもあるんでしょうけど、僕の趣味からは外れてしまうわけです。

でも、このクーラ・シェイカーは一味も二味も違いますね~。

このバンドとの出会いは、高校のころ、学校の図書館で、なぜかこの「PEASANTS, PIGS & ASTRONAUTS」のバンドスコアを発見したのが始まりでしたw ほんのちょっとだけバンドスコアとかも置いてあるんですけど、たいてい「ゆず」、だとか「ミスチル」、だとかのアーティストばかりなわけで、そんな中に、なんか知らないバンドの名前があると目立つわけです。それで興味をひかれて借りて帰り、ついでにCDも借りて聴いてみたという・・・。

このバンドのいいところは、何よりもまず、そのグルーヴだと思います。リズム隊と鍵盤がかなりいい感じで絡んでます。演奏技術が全体的に高いんですよね。正直、ブリティッシュロックのアーティストのなかには(演奏技術に)目も当てられない人が結構いる気がするのでw 
そして、他のバンドとは一線を画す「宗教色」の強さ。ヴォーカルのクリスピアンがインド、ヒンドゥー教を崇拝しているようで、アルバムも全体的にそんな色彩を帯びています。
ん~、あとはまあルックスかなw クリスピアンは王子と呼ばれているとかいないとかw まあ、その気持ちもわかります(ウホッw)

一作目のアルバム(「K」。こっちもおすすめです。)を発表した後、クリスピアンのナチス擁護発言により、バッシングを受け、それでもそれを跳ね返して作り上げたこのアルバム。超名盤だと思います。ぜひ聴いてみてください。彼らの音楽からはなによりも「誠実さ」を感じます。まあ、誠実なロックというのも変な話ですが・・・。

ちなみに少し前に再結成されたようなので、気になった人はライブに赴かれてみてはいかがでしょうか。


↑「GREAT HOSANNAH」。ライブ版です。彼らの音楽、演奏の緻密さがわかってもらえると思います。


↑「SHOWER OF YOUR LOVE」。名曲です。 冒頭のバグパイプがいい味出してます。

テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽

tag : 音楽 disk_review

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

サイト内検索
ウェブ検索
amazonで検索

リンク
RSSリンクの表示
プライバシーポリシー
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。