スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MIDI検定 3級公式ガイドブック


MIDI検定 3級公式ガイドブックの紹介・レビューです。

MIDI検定というものが存在するのをご存じでしたか? 受験者数なんかをみるとかな~りマイナーな試験のようですが・・・。

まあ、この本はMIDI検定を受けるために買ったのではなく、DTMをやっていくために、まず、MIDIとは何ぞや、ということを勉強しておこうと思い購入しました。

中身は白黒で144ページ。いかにもテキストって感じです。文体はそんなに硬くなく、読みやすいです。MIDIメッセージの中身をどのように記述しているのかとか、ピッチベンドの使い方とかは読んでておもしろいです。

で、まあ試験の内容の解説以外に「コラム」と称して打ち込みに関するアドバイスやらなんやらが書いてあるんですが、これがかなりためになります。ハイハットのベロシティー調節によるグルーヴの話は盲点でした。なるほどね~。また、「打ち込みに学ぶドラミング」とでも称して、学んだことを記事にしてみたいと思っていますw

全体的に簡潔にまとまっており、MIDIに関する話はだいたい押さえてあると思うので、MIDI検定を受ける受けないにかかわらず、MIDIって何?って人は読んでみることをお勧めします。

ちなみにこのMIDIって規格は日本の電子楽器メーカーの主導によって決められた世界共通規格らしいです。シンセではヤマハ、ローランド、コルグ、カワイなど、ギターやベース、ドラムにしてもアイバニーズ、TAMA、Pearlなど、日本ってなにげに世界一の音楽大国だと思うんですけど、どうでしょう・・・?

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

tag : 音楽 音楽生活 DTM

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

サイト内検索
ウェブ検索
amazonで検索

リンク
RSSリンクの表示
プライバシーポリシー
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。