スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Fly me to the Moon

はい、では今回は「Fly me to the Moon」の紹介です。

Bart Howard作曲・作詞のこの曲、日本ではアニメ「エヴァンゲリオン」のエンディングテーマとして知っている人も多いかと思います。というか、英語版のwikipediaもそのことについて言及してあるので、意外と日本に限らずそうなのかも知れませんね。

その印象もあってか、僕は「Fly me to the Moon」といえばボサノヴァちっくなアレンジを連想するのですが、もともとは3/4のワルツだったようです。あとフランク・シナトラなんかのswingバージョンも結構よくききますね。

コード進行は、例えばKey=Amでは

1番
Am7Dm7G7C
FM7Bm7(♭5)E7Am A7
Dm7G7CM7A7
Dm7G7CM7Bm7(♭5) E7

2番
Am7Dm7G7C
FM7Bm7(♭5)E7Am A7
Dm7G7EmA7
Dm7G7CM7(Bm7(♭5) E7)

てな感じです。曲を聴いてても分かるように、とっても綺麗な流れですね。ほぼすべてのコードがダイアトニックなので、アドリブも取りやすいです。

この曲もそのうちカラオケ音源を作りたいと思っています。


↑Nat King Coleによる「Fly me to the Moon」 んう~、ム~ディ~ですね~。場末のバーって感じです。


↑ハモンドB3の名手Joey DeFrancescoによるオルガントリオの「Fly me to the Moon」 個人的にこのJazzBluesバージョンはかなり好きです。ついつい身体がswingしちゃいますよね~。


↑宇多田ヒカルさんによるカヴァー。R&Bテイストでイイ感じです。あと元SPEEDのhiroさんなんかもカヴァーしてるみたいですね。

tag : 音楽 Jazz Fly_me_to_the_Moon

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

サイト内検索
ウェブ検索
amazonで検索

リンク
RSSリンクの表示
プライバシーポリシー
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。