スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最強のドラム練習帳 


リットーミュージックのリズム&ドラム・マガジンから発売中のドラム教則本「最強のドラム練習帳」の紹介・レビューです。

ジャンル:ドラム教則本


気が向いたときにちょくちょくやっています。かなりいい本なので紹介します。

出版社 / 著者からの内容紹介

■【第1章】有名ドラマーに学ぶテクニック
 <リズム・アプローチ系>
    ジョン・ボーナムに学ぶ8ビートの発展パターン&フィル
    ジェフ・ポーカロに学ぶハイハットによるリズム構築
    チャド・スミスに学ぶロックとファンク・ビートの融合
    コージー・パウエルに学ぶ重量級ツーバス・ドラミング
    ラーズ・ウルリッヒに学ぶ高速スラッシュ・ビート /他
 <テクニカル・フィルイン系>
    デニス・チェンバーに学ぶ超高速フィルイン
    ヴィニー・カリウタに学ぶ奇数割り変則フレージング
    村上“ポンタ”秀一に学ぶメロディアス・プレイ
    神保彰に学ぶハイテク・フィルと左足クラーベ
    バディ・リッチに学ぶ流麗なスネア・ソロ     
 <フット・コンビネーション系>
    マイク・ポートノイに発展型ツーバス・テクニック
    サイモン・フィリップスに学ぶ左半身強化プレイ
    スティーヴ・ガッドに学ぶルーディメンツの応用
    デイヴ・ウェックルに学ぶ高度な手足の連携
    テリーボジオに学ぶ4ウェイ・コーディネーション  /他

■【第2章】総まとめ練習フレーズ
    ダブル・タイムを含む8ビートの実践練習
    バウンスした16ビートの実践練習
    ファンク&ラテン・ビートの実践練習
    スネアを中心とした4ビート・ドラム・ソロの実践練習
    変拍子とリズム・チェンジの実践練習  /他

【巻末付録】リズム&ドラム・マガジン流 究極の基礎練メニュー
    シングル・ストローク
    アクセント移動
    ダブル・ストローク&ルーディメンツ
    基本的なリズム・パターン
    ドラム間の移動
    コンビネーション


と、まあこんな感じで結構盛りだくさんなんですが、メインは第1章の「有名ドラマーに学ぶテクニック」です。目次を見ればわかると思いますが、文句なしに有名なドラマーの、これぞボーナム、とか、これぞガッド、といったそれぞれのドラマーの常套句(というか必殺技?w)が譜面+CDによる音源付きで紹介されています。実際やってみると、「まさにこれだ!」って感じでw、これらを選択、採譜、編集した菅沼道昭さんすげぇ、と素直に尊敬します・・・。

きっちり使いこなせればかなりの武器になりうるこの本ですが、誰にでもオススメできる、という訳ではないです。付属のCD音源がある、とはいってもやってることが結構高度だったりするので、譜面がダメな人にはキツイと思います。逆にこの本をやりながら読譜の練習をする、ってぐらいガッツのある人ならいい教材になるかと。

あと、いわゆる初心者というか、ダブルストロークってなに?ルーディメンツってなに?って人にはオススメしません。多分挫折します・・・w

というわけで、これからプレイの幅を拡げていきたい、という中級者~の人には激しくオススメ。使い方的には、僕の場合はとりあえず自分の気になるドラマー(ウェックル、ガッドなど)を先に埋めて、あとは前から順に、って感じです。Amazonのほうには、ほんのちょっとだけ参考音源があるようなので、気になる人は聴いてみてください。

テーマ : ドラム - ジャンル : 音楽

tag : 音楽 drum book_review

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

サイト内検索
ウェブ検索
amazonで検索

リンク
RSSリンクの表示
プライバシーポリシー
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。