スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NATURAL / T-SQUARE


T-SQUARE(ティースクエア)のアルバム「NATURAL(ナチュラル)」の曲紹介、レビューです。

ジャンル:Fusion


ん~、J-Fusionってなんでこんなに聴いてて癒されるんでしょうか・・・。耳にすっごくなじみますよね・・・。

さて、スクエア15枚目のこのアルバム、アルバム中4曲(1,3,6,7)にThe RippingtonsのRuss Freemanをプロデューサーに迎えて制作されています。まあバンドのスタンス的(基本的には安藤さん、ラス・フリーマンの活動の場としてバンドがある、という感じ)にも、音楽性的にもかなり通じるところがありますよね。

このアルバム制作時のメンバーは
MASAHIRO ANDO : GUITAR
TAKESHI ITO : SAXOPHONE AND EWI
HIROTAKA IZUMI : PIANO AND SYNTHESIZERS
HIROTAKE NORITAKE : DRUMS AND PERCUSSION
MITSURU SUTO : BASS
てな感じです。僕はスクエアといえばこのメンバーを思い浮かべるのですが、どうでしょう?
このアルバムの後、サックスの伊藤さんがソロ活動に移行。代わって本田さんが入ることになります。

アルバム全体としてはなんか「穏やかに訪れる秋、そして冬」みたいな感じw けっこう寒色系の音色というか透き通った感じのコードが後ろで鳴らされているからかもしれません。

1.CONTROL : シャープな16。いかにもフュージョンってかんじ。ミッションが始まるまえのブリーフィングみたいなw

2.DAISY FIELD : 名前の通りの印象。さわやかで優しいです。安藤さんのコーラスのきいたやさしい感じのディストーションいいね!和泉さんのメロウな流れるソロもカッコイイ!

3.WIND SONG : なんか野生、大自然の優美って感じ。うしろで流れてる木琴っぽい(音)のせいかな?安藤さんのソロのところでキーが半音あがるのがいい!

4.WHITE MANE : 綺麗な曲です。ところでWHITE MANEのネタ元ってこの映画でしょうか?

5.HAPPY SONG : ベースのリフがポップ。親しい仲間とすごす何気ない日常、みたいな。

6.SNOW BIRD : 穏やかな脱力系バラード。和泉さんのソロいい!安藤さんのアコギがいい感じ。EWIはわざわざ入ってくる必要はなかったと思う・・・。

7.LABYRINTH OF LOVE : いかにもフュージョンっぽいかんじ。3曲目にせよこの曲にせよ、後ろでなってるアレはラス・フリーマンの好きなアレンジなんでしょうか?

8.UP TOWN : JazzyでMoody。冬の都会の夜って感じ?

9.RADIO STAR : ファンキーでタイトな曲。気持ちベースがフィーチャーされてます。

10.LAST RAINDROPS : ドラマティックなバラード。正直ちょっとしつこいw


とまあ、こんな感じでした。スクエアはやっぱりギターや鍵盤が美メロを奏でてこそって感じがしますね。もちろんリズム隊も大事なんですけど。

安藤さんのあったかいディストーションサウンドは個人的に理想の音です。


↑ライブでのWIND SONG(アルバム3曲目)。別にこのビデオをみて上記のような感想を持ったわけではありませんよw 念のため。 というか演奏してるところ映そうよ・・・。


↑リッピントンズ。さわやか~w 西海岸だぜ、ベイベー! ちょっとノリが違いますねw サックスの人はジェフ・カシワという日系3世の方のようです。

テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽

tag : 音楽 disk_review fusion

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

サイト内検索
ウェブ検索
amazonで検索

リンク
RSSリンクの表示
プライバシーポリシー
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。