スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Website更新しました

Website「ROCKIN' IN THE FREE WORLD」のSOUND SOURCEに音源を追加しました。

electronica2 : この曲には一応名前をつけました。「Dive into the Electronic Ocean」w テーマはいわゆるサイバーパンクです。ちょうど今、ウィリアム・ギブスンの「ニューロマンサー」を読んでいるので・・・。映画「MATRIX」シリーズや、士郎正宗の「攻殻機動隊」などの元ネタになっている本です。
「Dive into the Electoronic Ocean」ってのは、まあ、電脳空間(サイバースペースと読む)に没入(ジャックインないしダイヴ)してうんぬんかんぬんって感じで適当につけましたw
ベースの入れ方って難しい・・・。どうしようか迷いながら適当に入れていたらいつの間にかベースが一番前に出てきているではありませんか・・・。ま、ドラムとベースと鍵盤の3パートしか使ってないんですが。

毎度のこと(?)ながらドラムソロがいちいちウザいですよねw でもついつい入れたくなってしまうのです・・・。今回は打ち込んだ譜面もアップしてみることにしました。一応ドラマーとして、ちゃんと人間が再現できるフレーズしか使わないようにしています(今後はわかりませんが)。もしお時間があればtryしてみてください。↓
drum_dive_into

29~32が刻みのパターン、33~がソロです。35小節目はスティーブ・ガッドっぽいリックになってます。再現がどうのこうのいっといてなんですが、このテンポで32分を刻むのは辛いかも・・・。というか無理w スネアとハットの32分はそれぞれ左と右のダブルで。32と36に入っているやたら高いところにあるシンバルはエフェクトなので気にしないで下さい。ではまた。


↑MATRIX! 後ろで流れているのは「Propellerheads」というアーティストの「SPY BREAK」という曲だそうです。こういう曲は映像とのコンビネーションが大事ですよね。やっぱいろいろサンプリング素材を用意する必要があるのでしょうか?


テーマ : 作曲 - ジャンル : 音楽

tag : 音楽 作曲 ROCKIN'_IN_THE_FREE_WORLD

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

サイト内検索
ウェブ検索
amazonで検索

リンク
RSSリンクの表示
プライバシーポリシー
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。