スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Over the Rainbow ( 虹の彼方に ) 歌詞


Ella Fitzgerald ( エラ・フィッツジェラルド ) による "Over The Rainbow."

作曲は Harold Arlen (ハロルド・アーレン)
作詞は Yip Harburg (イップ・ハーバーグ)
1939年のミュージカル映画 "The Wizard of Oz" (オズの魔法使) の劇中で Judy Garland (ジュディ・ガーランド) が歌った.

この映画は1939年のアカデミー賞において作品賞を含む5部門にノミネートされ,作曲賞 (Herbert Stothart),歌曲賞 ("Over the Rainbow"),特別賞(Judy Garland)を受賞している.

映画の主題歌である "Over the Rainbow" は,
アカデミー賞 歌曲賞の他,

2001年,全米レコード協会等の主催で投票により選定された「20世紀の名曲」(Songs of the Century)において第1位

2004年,アメリカン・フィルム・インスティチュート (AFI) による「アメリカ映画主題歌ベスト100」においても第1位

を獲得している.


作曲の経緯


映画において歌曲の作曲を担当していたハロルド・アーレンは,すでに何曲か作り終えていたものの,
これら劇中の曲どうしのバランスをとるため,バラードが必要だと考えていた.
彼に残された時間は少なく,思い悩んでいた.

そんな中,妻と街に観劇に出かける途中で,メロディと「Somewhere over the Rainbow」というフレーズを着想した.

アーレンは作詞を担当するイップ・ハーバーグに思いついた曲を聴かせたが、ハーバーグは「12歳の田舎娘が歌うような曲ではない」と言い,気に入らない様子であった.

そこでアーレンは、著名な作詞家であり,ハーバーグの友人でもあるアイラ・ガーシュウィンに曲を聴いてもらった.

ガーシュウィンはこの曲を気に入り,テンポを少し早めること,そしてハーモニーをもう少し単純にするよう提案した.
ガーシュウィンの後押しにより,ハーバーグも曲のタイトルと詩を書き,曲が出来上がった.


映画でこの曲を使うにあたり,制作会社の重役らは「ただでさえ長い映画のペースをさらに遅くする」として,この曲の採用を三度も却下した.
最終的には,映画のアシスタント・プロデューサーであるアーサー・フリードが制作会社のトップであるルイス・B・メイヤーとのコネを利用して,この曲の採用を確かなものにした.


ちなみに,映画研究家たちによれば,作中のドロシーの姿は,不況にあえぐアメリカが,ルーズベルトによるニューディール政策に希望を見出す姿を現しているのだという.
実際,この映画の製作において大きく貢献したハーバーグは,ワシントン・ポスト紙のインタビューに対して「エメラルド・シティはニューディールである」と答えている.

(参考: JazzStandards.com

Over the Rainbow
歌詞と訳



VERSE


When all the world is a hopeless jumble

世界が絶望的なほど滅茶苦茶になっていて

And the raindrops tumble all around

雨粒がそこらじゅうに降り注いでいるようなときには,

Heaven opens a magic lane

天国が魔法の道を架けてくれるの

When all the cloud darken up the skyway

たくさんの雲が空を覆い尽くして暗くしてしまっているとき

There's a rainbow highway to be found

虹の道が見つかるでしょう.

Leading from your windowpane to a place behind the sun
Just a step beyond the rain

あなたの部屋の窓から,雨を越えて,
太陽の向こう側までつながっている道が.


CHORUS


Somewhere over the rainbow way up high

空高く,虹の彼方に

There's a land that I heard of once in a lullaby

昔,子守唄の中で聴いたことのある場所があるの

And somewhere over rainbow skies are blue

虹の彼方では,空は青々としていて

And the dreams that you dare to dream really do come true

叶いっこない夢だって叶ってしまうの

Some day I'll wish upon a star

いつか,お星様にお願いごとをして

And wake up where the clouds are far behind me

それから目が覚めると,私は雲の遙か上にいて

And troubles melt like lemon drops (*1)

そこでは悩み事なんてレモンドロップのように溶けてしまうの.

Away above the chimney tops that's where you'll find me

私がいるのは,煙突のてっぺんよりもっと高いところなのよ.


Somewhere over the rainbow bluebirds fly (*2)

虹の彼方では,青い鳥が飛んでいるの

If birds can fly over the rainbow

鳥たちが虹の向こうまで飛んでいけるのなら

Why, then why can't I?

私だってきっと飛んでいけるわ.


Someday I'll wake and rub my eyes

いつか,私が目を覚まして,目をこすると,

And in that land beyond the skies you'll find me

空の向こう側に,私はいるの.

I'll be a laughing daffodil (*3)

私は スイセンのように明るく笑って

And leave the silly cares that fill my mind behind me

私の心をふさいでいる,
ばかばかしい心配ごとにさよならをするの.


Somewhere over the rainbow bluebirds fly

虹の彼方では,青い鳥が飛んでいるの

If birds can fly over the rainbow

鳥たちが虹の向こうまで飛んでいけるのなら

Why, then why can't I?

私だってきっと飛んでいけるわ.

If happy little bluebirds fly beyond the rainbow

幸せな青い小鳥たちが虹の向こうまで飛んでいけるのなら

Why, oh, why can't I?

私だってきっと飛んでいけるわ.


(*1) lemon drops : レモンドロップ.昔からあるお菓子.小さいレモンのような見た目をしたキャンディ.

(*2) blue bird : チルチルとミチルの青い鳥.幸福の象徴.

(*3) daffordil : ラッパスイセン



Nicole Henry ( ニコール・ヘンリー ) による "Over the Rainbow." 2006年の南郷サマージャズフェスティバル ( 青森県八戸市 )での素晴らしいパフォーマンス.しっとりと歌うのもいいですが,このぐらいカラッと晴れた陽気な空もいいですね.

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

サイト内検索
ウェブ検索
amazonで検索

リンク
RSSリンクの表示
プライバシーポリシー
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。