スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Cherokee ( チェロキー ) 歌詞


Karrin Allyson による "Cherokee." 0:55~が本番.

作詞・作曲ともに Ray Noble.発表は1938年.
Ray Noble はイギリス人の作・編曲家,バンドリーダーであり,コメディアンとしても活動していた.
Noble はイギリス生まれのイギリス人だが,1934年に活動の拠点をニューヨークに移している.

"Cherokee" は Noble がインディアン組曲 (Indian Suite) として書いた5楽章のうちの1楽章である.
チェロキー」とは,インディアンのチェロキー族のことである.

1939年,Charlie Barnet 楽団によって演奏された"Cherokee"がヒットし,ポップチャートの15位にランクインした.
その後,Charlie Parker に取り上げられたことで,ジャズ・スタンダードの仲間入りを果たした.

セッションでもよく取り上げられる曲であり,大抵,インストで非常に速いテンポで演奏される.

(参考: JazzStandards.com

Cherokee 歌詞と訳


Sweet Indian maiden,

愛らしいインディアンの乙女よ

Since I first met you, I can't forget you,

初めて会ったときから,君のことが忘れられないよ.

Cherokee, sweetheart.

チェロキー,愛しき人よ.


Child of the Prairie, (*1)

プレーリーの子よ,

Your love keeps calling,

君の愛が呼び続けて,

My heart enthralling, Cherokee.

僕の心は君に夢中さ,チェロキー.


Dreams of summertime, of lovertime gone by,

いまではもう過ぎ去ってしまった,
愛を交わした夏の日々の夢が,

throng my memory so tenderly, and sigh.

僕の想い出から優しく溢れだしてきて,僕はため息をつく.


My sweet Indian maiden,

愛しきインディアンの乙女よ,

one day I'll hold you,

いつの日か君を抱きしめるよ,

in my arms fold you, Cherokee.

僕の腕のなかにしっかりと抱きしめるよ,チェロキー.


(*1) Prairie (プレーリー):ロッキー山脈の東側に広がる大平原



Dakota Staton による "Cherokee."
この演奏では "Sweet Indian maiden" の歌詞が "Brave Indian warrior" (勇敢なインディアンの戦士さん) に変わっている.
オリジナルの歌詞は男性目線なので,女性歌手の場合は "Brave Indian warrior"と歌うことがある .
実は男性歌手がこの曲を歌っているのを耳にしたことがない.

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

サイト内検索
ウェブ検索
amazonで検索

リンク
RSSリンクの表示
プライバシーポリシー
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。