スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

But not for me (バット・ノット・フォー・ミー) 歌詞

前回の「Summertime」に続いてガーシュウィンの曲を訳してみました.

作曲はGeorge Gershwin,作詞は兄のIra Gershwin.初演は1930年のガーシュウィン兄弟のミュージカル「Girl Crazy」にて.

ヒロインのMollyが,主人公のDannyとのケンカの後で歌った曲.


↑Carol Sloaneの歌う「But not for me」.ピアノはTommy Franagan.


But not for me 歌詞と訳



VERSE


Old Man Sunshine, listen, you,

ねえ太陽さん,
あなた自分で何を言っているのか分かっているの?

Never tell me dreams come true,

「夢は叶う」なんて二度と私に言わないで

Just try it, and I'll start a riot,

もし言ったら,思いっきり騒いでやるんだから

Beatrice Fairfax don't you dare, Ever tell me he will care, (*1)

ベアトリス・フェアファクス,「彼はいつかあなたのことを気にかけるようになるでしょう」なんて二度と私に言わないで

I'm certain, It's the final curtain.

これにて舞台は閉幕だってことは,私だってわかってるのよ

Don't want to hear from any cheerful Pollyannas, (*2)

天真爛漫なポリアンナの声なんか聞きたくないのよ

Who tell you fate supplies a mate, it's all bananas.

「いつか運命の人が現れるでしょう」なんていったのは誰よ,
そんなことある訳ないじゃない


CHORUS 1


They're writing songs of love, but not for me,

人々は愛の歌を書いているけれど,
私に向けて書いている訳じゃない

A lucky star's above, but not for me,

空には幸運の星が輝いているけれど,
私のために輝いている訳じゃない

With love to lead the way, I've found more clouds of grey,

私の恋の行く末には,暗雲が立ち込めていたの

Than any Russian play could guarantee. (*3)

それはもうロシア演劇なんて目じゃないくらいのね


I was a fool to fall, and get that way,

恋に落ちて,あげくこんな風になっちゃうなんて,私ってなんてバカだったんだろう

Heigh ho! Alas! And also Lackaday! (*4)

やれやれ...あ~,もう!

Although I can't dismiss, the memory of his kiss,

彼とのキスは忘れられないけど

I guess he's not for me.

彼は私のものではないみたい


CHORUS 2


He's knocking on a door, but not for me

彼がドアをノックしているけれど,
私に向けてノックしている訳じゃない

He'll plan a two by four, but not for me

彼はいつか家を建てようとするだろうけど,
私のために建ててくれる訳じゃない

I know that love's a game

恋が駆け引きだってことは分かってるの

I'm puzzled, just the same

分かってるんだけど,うまくいかないのよね

Was I the moth or flame...? (*5)

私は追いかける側だったのかしら? 
それとも追われる側だったのかしら?

I'm all at sea

どうしたらいいのか,さっぱり分からないわ


It all began so well, but what an end!

すごくいい感じで始まったのに,なんて終わりかたなの!

This is the time a feller needs a friend,

こんなときには,友情が必要ね

When every happy plot, ends in a marriage knot,

幸せな物語には,いつも結婚という結末が用意されているのに

And there's no knot for me.

私にはそんな結末はない,なんてときにはね


(*1) Beatrice Fairfax : 新聞紙上での人生相談 (恋愛相談?) コーナー,"Ask Beatrice Fairfax" から.Beatrice Fairfaxはこのコラムの担当者の名前.ちなみにこの "Ask Beatrice Fairfax" は,この手のコラムとしては世界で初めてのものだそうです(1898年-).

(*2) Pollyanna : Eleanor Emily Hodgman Porter の小説「ポリアンナ」シリーズの主人公の少女の名前.慣用的に,"Pollyanna"は「極めて前向きな楽観主義者」の意味として使われるそうです.

(*3) Russian play : 直訳すると「ロシアの演劇」ですが,ここでは「悲劇」という意味合いで解釈しました.ここでいうロシア演劇の例としては,チェーホフの「かもめ」とか?

(*4) Heigh ho, Alas, Lackaday : いずれも感嘆詞.細かいニュアンスは僕もよく分かりません. "Heigh ho" は"驚き・疲労・退屈・落胆" を表し,"Alas" は"悲嘆・憂慮" を表すそうです."Lackaday"は意味としては "Alas" と同じですが,古い言葉で現在は使われないそうです.

(*5) moth or flame : 直訳すると"ガ(蛾) か 炎" か.明りを求めてさまよう虫なのか,それとも虫を引き寄せる炎なのか.


↑Chet Bakerによる「But not for me」.この曲を語る上では避けては通れない名演.


↑アニメ「坂道のアポロン」より,薫と淳兄のデュオによる「But not for me」.淳兄に惚れざるをえない.




テーマ : 楽曲紹介 - ジャンル : 音楽

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

サイト内検索
ウェブ検索
amazonで検索

リンク
RSSリンクの表示
プライバシーポリシー
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。