スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Days of Wine and Roses Lyrics 酒とバラの日々 歌詞

発表は1962年,同名の映画「Days of Wine and Roses」の主題歌として.

映画のテーマはアルコール中毒です.まず夫がアル中に,それに引き摺られて妻もアル中に.夫はなんとかアル中から脱却できたものの,妻のアル中は更生できず,別れを迎えるというバッドエンド.

作詞のJohnny Mercerは,他にも枯葉(英語版),サテンドール,ムーンリバーなどの作詞を手がけている大御所です.


The Days of Wine and Roses
歌詞と訳


Lyrics : Johnny Mercer

The days of wine and roses
laugh and run away like a child at play
Through a meadowland toward a closing door
A door marked "nevermore" that wasn't there before

酒と薔薇の日々は,遊んでいる子供のように笑い,そして走り去ってゆく
草原のなか,以前にはなかった「もう二度とない」と書かれた閉まりゆく扉に向かって

The lonely night discloses
just a passing breeze filled with memories
Of the golden smile that introduced me to
The days of wine and roses and you

孤独な夜は,ほんのひと時の間だけ,そよ風を吹かせる.
僕を,酒と薔薇そして君がいた日々へと誘った,
あの輝くような笑顔の想い出で満たされたそよ風を.



ところで,この曲のタイトルでもある「the days of wine and roses」というのは,イギリスの詩人Earnest Dowsonの詩に由来しています.

They are not long, the weeping and the laughter,
Love and desire and hate;
I think they have no portion in us after
We pass the gate.
涙と笑い,愛と欲望と憎しみ
それらの命は長くない.
私たちが(時の)門を通り抜けた後には,
私たちの中からもう消えてしまっているだろう.

They are not long, the days of wine and roses:
Out of a misty dream
Our path emerges for a while, then closes
Within a dream.
酒と薔薇の日々,そんな日々は長くはない.
霞がかった夢のなかから
私たちの進むべき道はほんのひと時だけその姿を現し,
やがて夢の中へとその道を閉ざす.

– Ernest Dowson, from "Vitae Summa Brevis" (1896).


この詩から考えると,酒は「笑いと涙」,薔薇は「愛と欲望と憎しみ」を表現しているように思えます.
さまざまな感情とともに彩られる若き日々は長くはなく,老いてしまう(pass the gate, 時の門をくぐる)と鮮烈な感情を持てなくなってしまう,といった感じでしょうか.

歌詞のほうでは,「the days of wine and roses」は二人が健康(アル中になっていない)な頃の素晴らしき日々であり,妻は結局アル中から脱却できなかった(二度とは戻れない扉を抜けてしまった)ため,そんな日々はもう戻ってこない(Nevermore)といったニュアンスかなぁと思います.

テーマ : 楽曲紹介 - ジャンル : 音楽

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

サイト内検索
ウェブ検索
amazonで検索

リンク
RSSリンクの表示
プライバシーポリシー
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。