スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エヴァの次回予告の曲と「冒険でしょでしょ?」

今、ふと思ったんですが、この2つの曲って似てますよねw 

2つの曲というか「冒険でしょでしょ?」のサビがエヴァの次回予告の曲に似ている気がします。

何らかの意図があってのことなんでしょうかね? わかりません。

ただ、作中でも「コナン」やら「タッチ」やらのオマージュみたいなのがありましたから、もしかしたら意図的にやっているのかもしれませんね。


↑エヴァの次回予告の曲


↑「冒険でしょでしょ?」の予告アレンジ。

メロディー頭の5度の跳躍、その後の音使いがかなり似てるw

どうでもよいことですが、、iTunesで適当に音楽を流していた際、「VOX」というエヴァのBGMのアレンジアルバムに入っている「Promised Land」という曲(恐らく次回予告のアレンジ)を耳にし、ふと思うに至りましたw

ちなみにこの「VOX」、鷺巣さんが自らアレンジされており、音楽的なレベルが非常に高いです。音楽に興味がある人にはぜひ聴いてみることをオススメします!

↑「Promised Land」。鷺巣さん、さすがですね~。ウマイ・・・。


↑「Thanatos」。かっこいい~!!




スポンサーサイト

テーマ : 楽曲紹介 - ジャンル : 音楽

tag : 音楽生活 曲紹介

恋愛サーキュレーション コード進行



コード進行


Key = Emajor
サビ1 (でもそんなんじゃダ~メ・・・)
2拍ごとにチェンジ

AA(onB)G#m7C#m7
F#m7A(onB)EC#m7(or E)


Aメロ (言葉にすれば・・・)
2拍ごとにチェンジ

ABEC#m
ABEC#m(or E)


サビ2(ふわふわり ふわふわる・・・)
2拍ごとにチェンジ

ABG#m7C#m7
AA(onB)EC#m7(or E)


サビ3 (神様ありがとう・・・)
4拍ごとにチェンジ

EC#mAB
EC#mA  A(onB)E


僕が適当にとったものなので間違いがあるかもしれません.
C#m7(or E)ってのは繰り返し回数によってどちらかになります.

Ⅳ-Ⅴ-Ⅲm-Ⅵm のド定番コード進行が使われています.
Ⅳ-Ⅴはサブドミナント-ドミナントの流れですから,Ⅰに落ち着きたいわけです.
Ⅲm、ⅥmはともにⅠの代理コードで、それらの間に強進行(完全4度上行)のルート・モーションを与えることで、スムーズな流れになっています.

この曲の場合,A(onB)[Ⅳ(onⅤ)]がドミナント(Ⅴ)の代理コードになっています.この手のものとしては他にⅡm7(onⅤ)なんかが良く使われるようです.これらはⅤ7ほどはっきりとした性格を持たず(トライトーンを持たないので),まさにふわりとして柔らかいこの曲にぴったりですね.

F#m7-A(onB)-E というⅡ-Ⅴ-Ⅰの流れも,サビ1のC#m7-F#m7も強進行なので,非常にスムーズな流れで続きますね!


↑Linkin Parkの"In the End" と,「恋愛サーキュレーション」のマッシュアップ.自分ならこの曲をどうアレンジするか,なんてことをたまに考えたりするのですが,「恋愛サーキュレーション」の場合は何のアイデアも思いつきませんでした.そうか,こうすればよかったんだな~.勉強になります!




テーマ : 楽曲紹介 - ジャンル : 音楽

tag : 音楽 曲紹介

キーボードとギターとお姉さん

キーボード+ギター+お姉さん = ↓





エッ!?  ( ゚д゚)ポカーン




エェ━━━━━( ゚Å゚;)━━━━━!!?



と思わず反応してしまうような、この動画w 
この動画貼りたさに記事を書いてしまいました・・・。

なんかね、もう文脈がさっぱりというか・・・。

「カオス」って、こういうことなのかなと。

今、私は音楽の新たなる地平を垣間見た・・・。




このギターっぽいナリをしたキーボード、日本ではショルダーキーボード、英語圏ではKeytarなんて呼ばれています。
キーボーディストのギタリストにたいする僻み根性を解消してくれる夢のようなアイテムです?

需要の少なさからか(w)日本でいま作っているのは「Roland」だけになってしまっているようです。
逆に「Roland」は積極的にアピールしているようで、ちょっと前に新製品(AX-Synth)を出してました。前のモデルまでは単なるMIDIコントローラーだったものが、今回からは音源内蔵、バッテリー駆動対応となったようです。
ストリートで弾き語りするときなど、ちょうどよいのではないでしょうか。

まあ、日本ではほとんど見ませんが、海外のミュージシャンが使ってるのは結構見ますね。Herbie HancockとかChick Coreaとか。あと、メタル系のキーボーディストもギターとバトルするときとかによく使ってますね。


↑こんなこともできるんです! シンセにつながってるわけですから、当然なんの音でも出せます。 もちろんドラムもねw キーボードおじさんファンの人も安心w


↑Herbie Hancock「Chameleon」。 イマイチ慣れてないような・・・w


↑Chick Corea「Got a match?」。あの弾きづらそうな位置でここまで弾きこなすとは・・・。さすがです!!


↑Jordan Rudess。なんかフォルムがめっちゃカッコイイんですけど!w 

おまけ キーボード+ギター+お姉さん その2




テーマ : 音楽を楽しもう! - ジャンル : 音楽

tag : 音楽生活 曲紹介

サイト内検索
ウェブ検索
amazonで検索

リンク
RSSリンクの表示
プライバシーポリシー
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。