スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Billie's Bounce (ビリーズ・バウンス) ~Jazz Blues~

Charlie Parkerによる、ブルースです。

ちなみに、このサイト(Jazz Standards.com)によると、ビリーというのは、ジャズ・ヴォーカリストのBillie Holidayのことではなく、Billy Shawなる人物のことらしいです。

コード進行


(key=F)
F7B♭7F7F7
B♭7B♭7F7D7
Gm7C7F7Gm7 C7


ロック系のセッションで使うブルースの進行とはちょいちょい違うのがわかると思います。
Gm7→C7→F7はいわゆるツー・ファイブ・ワンですが、D7もGm7に対するsecondly dominant chordになっています。よって、C7だけでなく、D7でもドミナント・スケールが使えますね。


↑オスカー・ピーターソンとハービー・ハンコックによるピアノデュオ。すごいです。
ハービーが普通にJazzやってるの、初めて聴いたかもしれないw


↑スタンダードで模範的(?)な演奏ではないでしょうか。

意外とYouTubeにはプロがやってる音源が少なかったです。
個人的にはウエス・モンゴメリーの、なんかブギウギみたいにノリノリでハイスピードな演奏が好きですw

ちなみに、個人的な練習用にカラオケをつくってみたので(超手抜きですがw)、よろしかったらどうぞ。
BPMは190に設定しているので、ちょっとはやめです。

Billie's Bounce(Jazz Blues)練習用カラオケ
スポンサーサイト

テーマ : 楽曲紹介 - ジャンル : 音楽

サイト内検索
ウェブ検索
amazonで検索

リンク
RSSリンクの表示
プライバシーポリシー
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。