スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

John Bonham(ジョン・ボーナム)誕生

本日5月31日はLed Zeppelinのドラマー、ボンゾこと、John Henry Bonham(ジョン・ヘンリー・ボーナム)の誕生日らしいです。

現代のドラミングは彼抜きでは語れませんよね。ドラマーの人もそうでない人も、彼という素晴らしいアーティストを生んでくれた、今日この日に感謝しましょう!!w

Drummer World : John Bonhamのページへ







スポンサーサイト

tag : 音楽 音楽生活 drummer

最強のマルチプレイヤー Stevie Wonder(スティービー・ワンダー)

前の記事でRichie Kotzenがマルチプレイヤーで云々という話になったので、その関連でおまけ記事を書いてみます。

マルチプレイヤー:英語でいうと「multi-instrumentalist」らしいですが、要は複数の(奏法に違いのある)楽器を、それなり以上のレベルで演奏することができる人、といった意味です。

ん~、まあ正直音楽で食ってるぐらいの人になると、音楽の基本的な下地がしっかりできているので、たいていの楽器ならあっという間に上達するんじゃないかな~、とは思いますが。

で、なんだかんだでかなりの数がいると思われるマルチプレイヤーですが、個人的に最強(という表現をつかうのは適切ではないかもしれませんがw)だと思うのは「Stevie Wonder」ですね。頭ひとつもふたつも飛び抜けているというか、次元の違いのようなものを感じますw 

まあ、あれですね、プレイヤーという枠で語るのもおこがましいというか、彼は音楽を通して何かに達しているわけで、楽器の演奏っていうのはあくまで手段なんでしょうね。もっとも、音楽というのはそもそもそうあるべきなのでしょうが、彼の音楽を聴いていると、強くそのことを意識させられます。

で、今回はスティービー・ワンダーがドラムを叩いている動画を紹介します。


↑若かりし頃のスティービー。ドラムセットにすわった彼はそのままどこかにトリップしてしまいますw きっと彼の脳内ではエンドルフィンがドバドバ分泌されているに違いありませんw


↑ドラムデュオ+パーカッション。後ろでサポートしているのはGerry Brownのようです。たまにはスティックでもブラシでもなく素手で叩いてみるのもいいかもしれませんねw 前の動画もそうでしたが、何気にツーバス(ツインペダル)使いです。


どうでしたでしょうか? 「音楽」 感じませんでしたか? 特に高度なテクニックを使っているわけでもなく、スティックの握り方もセットの叩き方も独特です。 でもそんなものどうでもよくて、彼のプレイには「魂」(かなり胡散臭い表現ですがw)があるんですよね~。ドラマーとしての彼から学べることは多いです。

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

tag : 音楽 trivia

GET UP / Richie Kotzen


Richie Kotzen(リッチー・コッツェン)のアルバム「GET UP」の紹介・レビューです。

ジャンル:Hard Rock(ハードロック)

リッチー・コッツェン、器用な人ですね~。いわゆるマルチプレイヤーで、このアルバムもボーナストラック以外の曲の作曲・作詞、全楽器の演奏、歌をひとりでやっちゃってますw 

本業はギタリストなんですが、ハードロックギタリストとしてMr.BIGやPOISONへ参加していたかと思えば、Stanley ClarkeとLenny WhiteのReturn to Forever組によるプロジェクト「vertu」にてフュージョンやってたり(リッチーいわく、これが彼の最高作らしい。まだ聴いたことがないので今度聴いてみたい!)、ガンダムの曲のカバー(w)やってたりと、マルチ過ぎますねw

で、このアルバムに関してなんですが、全体的にはハードロックのなかにファンクとかバラードが混ざってる感じです。楽曲重視の姿勢を貫いているらしく、聴きやすい曲が多く、いわゆるギターキッズだけでなく、ロック好きの人にはみなお勧めできるアルバムになってると思います。特にアルバム中3曲あるバラード(3,7,10)は秀逸。さりげなく入っているソロの枯れた感じのテレキャスの音がまたなんとも・・・。

ただ、ドラムがなぁ~・・・w ん~、別に悪いわけでも下手なわけでもないんだけど、なんか違う・・・。悪い意味で素人臭さが抜けてないというか。シンプルなフレーズをきっちり叩きすぎてるせいかな?歌もギターもベースもいいのだけれど、ドラムでちょっと減点。誰か呼んできた方がよかったのでは。

と、いうわけで基本的にいいアルバムなのでロックが好きな人にはたいていウケると思います。ただ、おそらく全編にわたってテレキャスでプレイしているためあまりヘヴィーって感じではないです。重いのが好きな人は注意。あとドラムねw ドラムにこだわりのある人はやめておいた方が・・・w


↑アルバム10曲目のバラード「special」。王道ロックバラード。普通に綺麗です。


↑Vertu (Lenny White, Stanley Clarke, Rachel Z, Richie Kotzen & Karen Briggs) 発見!リッチーは5:00~ソロ。 まさにフュージョン(融合)。これいいね!ヴァイオリンが超ロックしてるw

テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽

tag : 音楽 音楽生活 disk_review

サイト内検索
ウェブ検索
amazonで検索

リンク
RSSリンクの表示
プライバシーポリシー
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。