スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Jポップとは何か


・著者:鳥賀陽 弘道

・発行:岩波書店


AMAZONによる商品説明

・内容(「BOOK」データベースより)
一九九〇年代、日本の音楽産業は急激な成長を遂げる。CDのミリオンセラーが続出し、デジタル化や多メディア化とともに市場規模は拡大し続け、いまや日本は世界第二位の音楽消費大国である。こうした変化をもたらした「Jポップ」現象とは何か。産業構造や受容環境の変化など、音楽を取り巻く様々な要素から鋭く分析する。

・著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
烏賀陽 弘道
ジャーナリスト、1963年京都市生まれ。86年に京都大学経済学部を卒業し、朝日新聞社記者になる。91年から2001年まで『アエラ』編集部記者。92年にコロンビア大学修士課程に自費留学し、国際安全保障論(核戦略)で修士課程を修了。同誌では音楽・映画などポピュラー文化のほか医療、オウム真理教、アメリカ大統領選挙などを取材。98年から99年までニューヨークに駐在。03年に退社しフリーランスに(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

・目次
第1章 「J」の時代のポピュラー音楽
第2章 デジタル化は何をもたらしたか
第3章 テレビとヒット曲
第4章 「ココロ」の時代の音楽受容
第5章 日本という音楽市場のかたち
第6章 Jポップ産業の挫折―急成長の十年が終わって


2005年4月発行の「産業としてのJポップ」・「ローカルな文化としてのJポップ」について分析した本です。
日本のポピュラー音楽産業について、ある程度まじめに考察した本はあまりないので貴重です。

・第1章 「J」の時代のポピュラー音楽
「Jポップ」の「J」が意味するものは?という話。
経済で世界に比肩するようになった日本。次は文化でも肩を並べたいという日本国民の欲求。
それに応えるための「J」というネーミングと「世界に通用する音楽」という「ファンタジー」。

・第2章 デジタル化は何をもたらしたか
デジタル化による産業構造の変化はもちろん、音楽制作の変化へも言及。
「ピッチ修正」(音程の修正)、「クオンタイズ」(リズムの修正)はなにをもたらしたか? 楽器を弾かなくてもよい音楽制作が可能になったことの「正」の側面と「負」の側面。

・第3章 テレビとヒット曲
タイアップとPV(プロモーション・ビデオ)がもたらした産業構造の変化。
音楽商品のセールスが視覚へ依存するようになり、メディア露出が増えたことによる、歌手の性質の変化(音楽うんぬんよりもキャラクターとして売れるということ)、視覚重視の商品の誕生(ダンス、ビジュアル系)。

・第4章 「ココロ」の時代の音楽受容
「カラオケ」と「バンドブーム」、「自己表現」という社会現象。渋谷文化、「渋谷系」とは?
なぜ日本人歌手は日本人相手に疑似英語(英語として鑑賞に堪えないもの)を使いたがるのか、に見る日本人の欲求。

・第5章 日本という音楽市場のかたち
グローバルな視点で見た日本の音楽市場。世界第二位の音楽消費地でありながら、ポピュラー音楽の日本国外での売り上げやオンエアは、ほぼゼロ。唯一の例外はアニメタイアップ(海外での売り上げの1~10位まではすべてアニメ音楽)。

・第6章 Jポップ産業の挫折―急成長の十年が終わって
テレビ・タイアップが威力を失い、CDが売れなくなった。着メロという新たなビジネス、インディーズの成功、既得権益の防衛に必死になるメジャー、政治権力との癒着・腐敗、そしていまなお残る暗部。


以上のようなことについて分析、ないし自論を展開しています。

ま、しかし日本のポピュラー音楽ってまったく海外で売れないですよね~w そもそも海外で売ろうという気がないんでしょうが・・・。ここまで音楽の輸入と輸出にギャップのある国は他にないのではないかと思います。

基本的に欧米人が日本人のことをダサいと思っているからと言ってしまえばそれまでですがw、そうであるならばこの先もこの構図は変わらないのだろうな~と思います。
まあ、なんかの機会に、日本が戦争で欧米諸国をボコボコにするようなことがあれば話は変わる(文化、志向の強弱・優劣の変化により)かもしれませんが、恐らくそんなことはないでしょう・・・。

もちろん、それで(国内のセールスだけで)市場が成立しているのですから、それはそれでよいのです。なにも、世界から相手にされないJポップは「カス」だとは思いません。それはただの洋楽厨ですw 
洋楽・邦楽といってもいろいろあるだろうと思いますが、そんなことは関係ないのです。彼らにとっては、世界から評価されている音楽を聴いている、「まわりのやつらとは一味違う自分」が大切なのであって、音楽自体には興味がないのでしょう(「クラシック」とか「ジャズ」についても同様のことが言えると思います)。
結局のところ、世界に通用する音楽というファンタジーを持ったJポップファンと同じなのであって、「世界に認められたい日本人」という構図は変わりません。

が、やはり日本のポピュラー音楽シーンが、よりよい音楽を聴きたいという人のニーズに応えられていないのはあり、自らの商品の質・価格を省みることなく、セールスの低下を違法コピーだの逆輸入盤だののせいにして、音質を犠牲にしてCCCDを出したり、安価な逆輸入盤を規制するために著作権法の改正をしたりと必死になっている音楽団体はどうかと思うわけです。ま、僕個人としてはいままでの音楽商品の売れ方が異常だったのではないかと思っているのですが。

ともかく、「Jポップ」ひいては「日本のローカルカルチャー」、「そのローカルカルチャーに生きる日本人」というものについて考えさせてくれるよい本でした。
ポピュラー音楽でメシを喰っていきたいという人には是非読んでもらいたい本です。
産業の構造、そして買い手の特性、欲求を知っておくことはビジネスをするうえで必要不可欠なのですから。
スポンサーサイト

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

tag : 音楽生活 ブックレビュー

音を大きくする本


著者:永野光浩

発行:Stylenote


Amazonの商品説明より

内容紹介
本書をすべてマスターすれば、“音が小さいなぁ”と悩むことはもうなくなります。音楽制作の過程で音を大きくしたいと思うことはよくあるもの。そのためには、コンプレッサーやイコライザー、そしてリミッターを使います。それらは単独で使うより複合的に使った方が音圧が上がるでしょうし、ソースが“2mix”か“バラ録”かによっても変わってきます。 そうしたテクニックを本書では相撲の番付に見立てて説明しました。2mixをソースとした“小結級”や“関脇級”でも音圧は上がりますが、市販CDほどには上がらないでしょう。高い音圧を得るにはさらに“大関級”のテクニックが必要です。“横綱級”まで行けば十分な音圧を得ることができます。各レベルのスキルを十分マスターして最終的に横綱級の十分な音圧を楽しんでください。

著者について
国立音楽大学作曲科卒。尚美学園短期大学講師、東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所共同研究プロジェクト研究員等を経て、現在、国立音楽院講師、名古屋芸術大学非常勤講師、東海大学非常勤講師、八王子音楽院講師。 多くのテレビ番組のタイトル曲やCM 曲を創るほか、デパートや複合施設などの環境音楽、航空機内環境音楽等を作曲している。また、ビクターエンタテインメントやキングレコードなどから多くのCD作品集を出している。 著書に、「Digital Performer4 音楽制作術」(音楽之友社)、「シンガーソングライター8.0 で本格サウンド・メイキング」(音楽之友社)、「新・プロの音プロの技」(スタイルノート)「イチからはじめる Singer Song Writer Lite 5.0」(スタイルノート)など多数。


「音を大きくする」というシンプルな目的を通じて、イコライザー、コンプレッサー、リミッターとはなにか、そしてその使い方を学ぶ本です。100ページちょっとの薄い本で、図もたくさん挿入してあるので、さらっと読めると思います。

内容は、主に2mixの状態(左から流す音と右から流す音にミックスダウンされた状態)から音を大きくする、つまりマスタリング段階での音圧上げと、バラ録の状態(楽器ごとにバラバラに録音された状態)から大きくする、つまりミックスダウンする前の状態から音圧を上げる方法の2つに分けて書かれています。

コンプレッサー、リミッターの各パラメータの説明(スレッショルドってなに?とか)から、楽器別のイコライジング、コンプ・リミッターの掛け方、さらには音圧を上げるためのアレンジの見直し(w)まで、必要不可欠な事項が簡潔な言葉とわかりやすい図でズバッと書いてあります。

もともと楽器の演奏をメインでやっていた人がDTMに踏み込む時、とくにピアノなんかのアコースティックな楽器を主体でやってきた人などはこういった音の処理の知識(エフェクター関連とかね)が不足しがちだと思います。
曲作ったのはいいけど、そのあと何すればいいかわからない、マスタリングってなに? ってか音小さいんだけど・・・って人は是非ともこの本を読んでみてください。目から鱗です。


しかしながら、なぜ音を大きくするのでしょう?
まあ、単純に音が大きいほうが聞こえがいいとか、目立つとか、売れる、からだと思います。業界には「音圧競争」なんて言葉もあるくらいです。ラジオやテレビなんかで流すときに、他の曲より少しでも音がでかいほうが売れるからですね。
もちろん、コンプレッサーをかけるということは、大きい音を小さくする、つまりダイナミクスレンジを狭めることに等しいですから、なんでもかんでも音をでかくすればいいというものでもありません。指先のタッチで繊細にダイナミクスをコントロールするクラシックピアノなんかのトラックにコンプレッサーをかますということは演奏者への侮辱になりかねません。
でもポピュラーミュージックにおいては音がでかいほうが目立つんです、売れるんですw だから音圧を上げます。演奏者の意図だの芸術表現だのそんなものは関係ありません。売れたもん勝ちですw

まあ、それはともかくとして、必要なときに必要なことができる、というのは重要です。TPOをわきまえてってことですね。イコライザー、コンプレッサー・リミッターの使い方が分からない人はぜひこの機会に勉強してみてください。


↑YouTubeにレビューを掲載されている方がいらっしゃったので使わせていただきます。

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

tag : 音楽生活 ブックレビュー

永遠に去りぬ (Borrowed Time) / ロバート・ゴダード (Robert Goddard)


著者:ロバート・ゴダード

訳者:伏見威蕃

発行:東京創元社


Amazonによる商品説明
出版社/著者からの内容紹介
夏の盛りの黄金色の日暮れ時に、私は四十代半ばの美しい女性と出逢った。暫し言葉を交わした見知らぬ旅人。だが後日、私は思わぬ報に接する。あのひとが無惨な二重殺人の犠牲者になったというのだ……! 揺曳する女性の面影は、人々の胸にいかなる傷痕を残したか? 重厚な物語が深い感銘を呼ぶ、当代随一の語り部の真骨頂。

*第1位『IN★POCKET』文庫翻訳ミステリーベスト10/作家部門

内容(「BOOK」データベースより)
夏のさかりの黄金色の日暮れどき、静謐な尾根筋を辿っていた私は、四十代なかばの美しい女性と出逢った。ひとときの語らいを楽しんだが、女性は後刻、無惨な二重殺人の犠牲者となる。胸に去来するのは、彼女の残した言葉―あなたとわたし、ほんとうになにかを変えられると思う?悠然たる物語に埋めこまれた悲劇の種子はいかなる実を結ぶのか。鬼才がその底力を発揮した傑作。


ゴダード、いいですね。この作品で初めて読んだんですが、人物設定・プロット・語り口、全部うまいです。訳者さんもいい仕事してます。600ページ程ある本ですが、読みやすく、ストーリーにも引き込まれ、一気に読んでしまいました。

基本的には、Whodunit,Whydunitの話。でも、自分で推理するというよりは、物語を進めて、その展開に驚かされ、楽しむ、といった感じです。

でてくる登場人物も、みんな現実的でグッドですw 自分の利のためにみんな動いているんですね。作り話にありがちな不自然な人物がいない。(主人公は別かもしれません。金持ちで暇人でおせっかいなので。まあ、いまだに階級の色濃く残るイギリスですから、現にこういった人物はたくさんいるのかもしれませんがw)自分の利を守る、得るにはどうすればいいかを考えてそれぞれ行動する。だから事態が拗れる。当たり前っちゃ当たり前ですが、人物描写、それらの絡み合い(プロット)も含め、ここまで綿密に書ける人はそういないのではないかと思います。事実が事実を呼び、螺旋を描きながら真実へと近づいていくその様には様式的、幾何学的な美しさすら感じました。

ゴダード、読んだことのない人がいたらぜひ読んでみてください。前半はスロー・ペースですが、後半の怒涛の展開に興奮すること請け合いです。

テーマ : ブックレビュー - ジャンル : 小説・文学

tag : book_review

サイト内検索
ウェブ検索
amazonで検索

リンク
RSSリンクの表示
プライバシーポリシー
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。