スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめての初音ミク

時代に遅れること早数年、前々から興味を持っていたvocaloidをついに導入するに至りました。

と、いうわけで、超適当に作った簡単な曲をミクさんに歌ってもらいました。
「ROCKIN' IN THE FREE WORLD」にアップしてあります。

ん、というか普通に音源に対してここからリンク張ればよくない? うん、なんで今まで気づかなかったんだ・・・w

experiment on Miku Hatsune : ちょっとだけ神秘的な雰囲気の曲。歌詞はそれっぽくてゴロのいいのを適当につけただけなので、特に意味はありません。いわゆる調整?調律?(調教w?)はしていない状態です。なにをどういじればいいのか・・・。とりあえずヴィブラートのかかり方とか? アフタータッチ機能の付いた鍵盤があれば打鍵後の強弱とかに反応してくれんのかな?ちなみにこれはDAWでmidiデータをリアルタイムレコーディングしたあと、スタンダードmidiに変換して、それをvocaloidに読み込ませる、という形でやってみました。

僕はDAWにSONARを使っているのですが、どうもvocaloidと相性が悪いらしく(YAMAHA vs Rolandの構図か?w)VSTiで組み込もうとしてもなかなかうまくいきませんでした。 結局Rewireという手段があることが判明し、無事同期させることができました。
  
左右からそれぞれオクターブ違う声が出ています。耳に優しくない、というかちょっと気持ち悪い。低い方の音域のほうが自然な感じがするんだけど、高い方がより初音ミクらしいというか・・・。どっちにするか決めるのがめんどくさかったのでとりあえずどっちもw まあ、実験なので・・・。みなさんはどっちのミクが好みですか?w

こんな感じの雰囲気をだすのはマイナースケールの第6音をシャープさせた音(結局、ドリアンと、その特性音)がポイントっぽいです。多分。
スポンサーサイト

テーマ : 初音ミク - ジャンル : 音楽

tag : 音楽 音楽生活 DTM 初音ミク

Website更新

Website「ROCKIN' IN THE FREE WORLD」のSOUND SOURCEに新曲を追加しました。

metal1 : とりあえずギターを使ってみました。ん~まあいろいろ音作りとかめんどくさいっすねw 全然欲しい音が作れない。この辺の知識が基本的に全然ないので・・・。いいマルチエフェクターとか買ったらプリセットでいい音いっぱい入っているんでしょうか? とりあえず僕のぼろいエフェクターだけでは全然だめだったので、オーディオインターフェースのMASTERING用のNOISE SUPPRESSORをフルで稼働。ギターのローが出すぎてベースの存在感が0だったので、同じくオーディオインターフェースでローを大幅にカット。でもいまいち・・・。ん~・・・。

コテコテのメロスピ(メロディックスピードメタル)?。まあ、メタルは作曲そのものはなにも考えなくていいので楽な気がする。コードというコードがあまりない、というか、コード感がない(=無機的、無色)からこそメタルっていうのかも。 

ん~、ひどいギタープレイだ・・・。とりあえずリードが走りすぎてるし、なにより雑w しばらくギター弾いてない、というより、メタルというものから遠ざかっていたのでメタル筋が激しく萎えてる・・・。というかそんなもん、もともとなかったかもw きっちり16分で刻めない。 そして、超適当なアドリブソロへw ぶっつけでやっつけ。 ドリアンっぽい感じの音使いをしています。ひどい終わり方だw でもめんどくさいので直しませんw

ドラムの話。
metal1 solomae
↑ソロ前のおかず。このスピードではチェンジアップしてもあんま意味なかった・・・w

metal1 soloato
↑ソロ後。1拍目~のはワンセットが奇数拍になってます(16分3つ)。

実際にギター弾いてレコーディングするっていうのも、これはこれでめんどくせえなぁ・・・。いろいろと学ぶ必要がありそうです・・・。

ちなみにこの曲、元ネタが分かる人いますか?w

テーマ : 作曲 - ジャンル : 音楽

tag : 音楽 作曲 DTM metal

Website更新

Website「ROCKIN' IN THE FREE WORLD」のSOUND SOURCEに音源を追加しました。

piano 3 : これ、作った後に某国民的美少女アニメの第十四話のBGMにそっくりなことに気づきました・・・。というわけでタイトルは「Someday in the Rain」w ん~、たまにあるんですよね~。よさげな曲ができたかな、と思って作ってみると、どっかで聞いた曲をコピーしていただけという・・・。まあ、「インスパイア」ということでw 

コードが5度ずつ下降していくという、結構JAZZで耳にする進行です。Ⅱ-Ⅴ-Ⅰの繰り返しとも解釈できるかもしれません。

これも結局自分の手で弾いたのをそのまま入れてるだけなんですが、どうしてもリズムがよれる・・・。かといって打ち込むとアタックが強調されすぎて不自然なんですよね~。アタックにエンヴェロープをかけると、もはやピアノの音じゃなくなっちゃうし・・・。ん~難しい・・・。まあクリックに合わせて、かつタッチのバランスを完璧にして弾けるだけの演奏力を身につけられればすべて解決するんですけどね・・・。タッチの軽いシンセでピアノっぽさを出そうとするのが間違いかもしれませんが。もしくは曲をつくるのにもう少し時間をかけてあげるとかw いままでのは全部やっつけ仕事になってますからね・・・。適当に弾いて、はいできた、ではなくもうちょっと作りこむべきなのかもしれませんね。まあ、面倒くさいので、それはもう少し習熟してからということで。

というかいい練習になりますね、これ。音の強さとかタイミングが全部数字で出されるので、どんだけ自分の演奏がへたくそかよくわかります。特にコードを弾く時に各音のタイミング、強さをそろえるっていうのが全然できていないことに気がつきました・・・。

音楽素材として使ってもらえるようなクオリティーのものを作れるようになるには、まだまだ道が長そうです・・・。ん~、ピアノの音が全体的に重すぎますかね?響きすぎ?

テーマ : 作曲 - ジャンル : 音楽

tag : 音楽 作曲

サイト内検索
ウェブ検索
amazonで検索

リンク
RSSリンクの表示
プライバシーポリシー
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。