スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テニスのための筋力トレーニング


↑1990年初版発行の古い本です. どのくらい古いかというと,本文中ででてくる選手がベッカー,エドバーグ,レンドル,グラフあたりの世代です.
著者の友末亮三氏は東大の大学院で体育学を修め,同時に1976-1982年にわたって全日本選手権に出場するなどテニス選手としても活躍された方です.

テニスでもフィジカルの重要性が声高に叫ばれながらも,専門的な情報が見つからず,いまいち何をやっていいのかわからない,という人が多いのではないでしょうか.この本は古い本ですが,確かな学術的な下地と,テニス選手としての著者の経験に裏打ちされた素晴らしい本だと思います.すべてのテニスプレイヤーにぜひご一読をお勧めします.

以下,テニスのための筋トレについての個人的な要約です.

トレーニングの方向性


テニスとはどういうスポーツか?

1ポイントあたりの移動距離は12-15mほど,時間にすると10秒以内.つまり短時間の高強度運動を(ポイント間の)インターバルをおいて繰り返す競技である. 
→ まず第一に速筋がより速く・より強い力を出せるようにトレーニングすることが大事.

ただし,試合は長時間に及ぶので,試合の最後まで断続的に持続させる必要がある.
→ 速筋に遅筋のような持久力をもたせる必要もある.(速筋に持久力をもたせることは可能だが,遅筋に力強さをもたせるのは難しい)

結論:大事なのはハイパワーのトレーニング(ウエイトトレーニング,ダッシュなど).適切な負荷を設定し,最大筋力の向上と,筋持久力の向上を図る.ローパワーの能力は,テニスをやっていれば自然に向上するので,ローパワーのトレーニング(ランニングなど)はあまり重要ではない.

筋力トレーニングの具体例


というわけでウエイトトレーニングの例をいくつか紹介します.

まずあらゆる競技に必要な大筋群のトレーニングとして (主に鍛えられる部位)
ベンチプレス (大胸筋)


スクワット (大腿四頭筋)


シットアップ (腹直筋)


ベントオーバーロウ (広背筋)


の4つ.さらにテニスのための専門的な筋力トレーニングとして12種目が紹介されています.

ラテラルレイズ (三角筋,僧帽筋)

↑肩周りの筋肉はいろんなショットのパワー,安定性に欠かせません.普段使わないので,ウエイトでしっかり鍛えましょう.

プルオーバー (広背筋,大円筋,大胸筋)

↑オーバーヘッドの威力アップに.

ダンベルフライ (大胸筋)

↑フォアハンドの破壊力アップ間違いなしw テニス選手は細身ながら胸の筋肉はしっかりついてます.

アップライトロウ (三角筋,僧帽筋)


ライイングフレンチプレス (上腕三頭筋)


アームカール (上腕二頭筋)


リストカール・リバースリストカール (前腕屈筋群,前腕伸筋群)



ジャンピングスプリットスクワット (大腿四頭筋)


サイドランジ (大腿四頭筋)

↑オープンスタンスでのストロークの動き.上体を立てて,腰のひねりも加えるとよりテニスっぽくなりますね.

フォワードランジ (大腿四頭筋)

↑短い球を取る時に.

カーフレイズ (腓腹筋)


クウォータースクワットジャンプ (大腿四頭筋)



ウエイトを取り扱うときはくれぐれもお気をつけて.
スポンサーサイト

Andy Murray Tribute アンディ マレー トリビュート動画

気がつけばYouTubeのお気に入りが2000近くなり,ブックマークしているにも関わらず,普通に検索したほうが早い・・・. 
せっかくなので自分のWebサイト上でまとめておくことにしました.

だいたいお気にいり順.
























テニスの物理学 ~ボール軌道のシミュレーション~

前3回にわたって,空気中でのボールの運動方程式を導いてきました.

今回は,その結果を用いて実際にシミュレーションを行った結果を紹介したいと思います.

サーブの軌道


とりあえずサーブのシミュレーションをしてみました.

身長175 cm の人がその1.5倍の高さでボールを打った(=2.625 m)と仮定しました.センターから相手コートのセンターめがけて打っています.
フラットサーブは初速150 km/h,スピンはなし,地面と平行な直線に対して-4.6度の角度で打ち出しています.
スピンサーブは初速80km/h,2000rpm,出射角は10度です.
serve_trajectory
上図において,緑線がフラットサーブの軌道,赤線がスピンサーブの軌道を表しています.縦に入った黒線はそれぞれ左から,ネット,サービスライン,ベースラインを示しています(高さはネットの高さ3 feetに揃っています).

各速度成分の時間変化も分かり,例えばフラットサーブの場合は次のようになります↓
serve_velocity
赤線がx軸方向の速度,青線がy軸方向の速度,黒線がトータルの速度です.0.5s付近で不連続に変化しているのが,コートでのバウンドを示しています.

相手コートのベースラインに到達するまでにかかる時間(traveling time)はフラットサーブは0.84秒,スピンサーブは1.6秒です.このときのボールスピードはフラットサーブで約59km/h,スピンサーブは約34km/hにまで落ちています.

ただし,サーブのように上から叩きつけるような軌道に関しては,バウンドを計算する際の仮定(ボールは最終的に転がり状態に移行する)が成り立たない可能性があるため,バウンド後の値に関しては正確でない可能性があります.

ちなみに,計算上は175cmの人でも300km/hのフラットサーブを入れることは可能です.ただし,背が高い人に比べて,許容できる角度誤差が小さいため,入れられる確率は非常に低くなります.

ストロークの軌道


続いてストロークの場合のシミュレーションです.
初速は全て100km/hで,高さ1mのボールをベースライン上から打ち出しています.トップスピン,スライスの回転量はともに3000rpmとしました.落下地点が22mあたりに揃うように,
フラットは出射角8.3度,トップスピンは15.7度,スライスは4.2度としました.

各ショットの軌道はこんな感じ↓です.
stroke_trajectory

さらに,各ショットのx軸方向への速度成分の時間発展を見てみると,こんな感じ↓になります.
stroke_vx
出射角の違いによってvxの初速にばらつきがでています.バウンドした際のvxの減衰は,バウンドの式からスライスで最も大きく,トップスピンで最も小さくなります.バウンドする前,スライスがフラットより遅いのは,揚力によって,x軸負方向への力を受けることと関係しています.

相手コートベースラインに到達するのにかかる時間と,そのときのボールスピードは
フラット 1.14 [s], 41.5 [km/h]
トップスピン 1.24 [s], 47.6 [km/h]
スライス 1.35 [s], 22.2 [km/h]
でした.

まとめ


ここ5回ほどを使って,ボール軌道のシミュレーションについて考えてきました.
あとは,気が向いたらですが,計算式とそのノーテーションのまとめや,プログラムの公開などを考えています.


参考

テーマ : テニス - ジャンル : スポーツ

サイト内検索
ウェブ検索
amazonで検索

リンク
RSSリンクの表示
プライバシーポリシー
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。