スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

基本的なコード 和音 その2

アドリブ入門講座第8回です。

前回に引き続きコードと和音についてです。今回は4つの音からなる和音についてですが、基本的に(トライアド)+(1音)からできているので、前回のトライアドがまだ押さえられていない人は復習してみてください。

では具体的に見ていきましょう。
イメージ135

Major 7th Chord

Major Triadに、rootに対して長7度の音を加えた和音です。5度の音のうえに長3度を重ねた、とも言えます。
さわやかな響きで、手軽におしゃれ感がだせますw

ルートをCとすると、C△7、CM7,Cmaj7などと表記します。

イメージ136

Dominant 7th Chord (7th Chord)

Major Triadに、rootに対して短7度の音を加えた和音です。5度の音の上に短3度を重ねた、とも言えます。

ルートをCとすると、C7のように表記します。

イメージ137

Minor 7th Chord

Minor Triadに、rootに対して短7度の音を加えた和音です。

ルートをCとすると、Cm7のように表記します。

イメージ138

Minor Major 7th Chord

Minor Triadに、rootに対して長7度の音を加えた和音です。

ルートをCとすると、Cm△7などと表記します。

イメージ139

Augmented 7th Chord

Augmented Triadに、rootに対して短7度の音を加えた和音です。

ルートをCとすると、C7(#5)、C7augなどと表記します。

イメージ140

Diminished 7th Chord

Diminished Triadに、rootに対して減7度の音を加えた和音です。つまり隣り合う音の音程はすべて短3度です。

ルートをCとすると、Cdimなどと表記します。ディミニッシュといえば、大抵、トライアドではなく、こちらの方が使われます。

イメージ142

Major 6th Chord

Major Triadに、rootに対して長6度の音を加えた和音です。
ロックやポップスなどでは見かけませんが、ジャズではMajor Triadの代わりに使われたりします。(和音の機能が似ている。Major 7th などもそうですね。)

ルートをCとすると、C6などと表記します。

イメージ141

Minor 6th Chord

Minor Triadに、rootに対して長6度の音を加えた和音です。
上記と同じく、Minor Triadの代わりに使われたりします。

ルートをCとすると、Cm6などと表記します。



とりあえずこのくらいでしょうか。他にも7th sus4、minor 7th ♭5などがありますが、前者はDominant 7thの3度の音を完全4度に変えた、後者はminor 7thの5度を減5度に変えた、などと推測できると思います。

コードについてはいったんここら辺で置いておいて、次からスケール(音階)に入っていきたいと思います。
スポンサーサイト

tag : 音楽 音楽講座

基本的なコード 和音 その1

さて、アドリブ入門講座第7回です。

今回からコード、和音の基本に入っていきたいと思います。

目標は、コードネームを見た時に、その和音が作れるようになることです。

前回までに学んだ、音程の表し方が分かっていないと先に進めないので、その辺がいまいちな人は戻って復習してみてください。


よく使われる基本的なコードには、3つの音からできている和音(トライアド)と、4つの音からできている和音を示すものがあります。今回は3つの音からできている和音を押さえていきましょう。

和音というのは基本的に、土台となる、ある音(この音のことを「根音」、「ルート」といいます)に対して3度ずつ音を積み重ねることで作ります。その3度が長3度なのか、短3度なのか・・・などによって、いろいろなヴァリエーションができてくるわけです。

では具体的に見ていきましょう。
イメージ130

長三和音(メジャー・トライアド)

ルートに対して長3度、完全5度の音からなる和音です。
ルートの上にまず長3度、その上に短3度の音を重ねたとも解釈できます。
いわゆる「ドミソ」であり、もっとも馴染み深い和音だと思います。

ドの音(C)をルートとする場合、コードは「C」と表記します。
つまり、コードが「E」と書かれていた場合、ミ(E)の音に、長3度(G#)、完全5度(B)を重ねればよいわけです。
イメージ131

短三和音(マイナー・トライアド)

ルートに対して短3度、完全5度の音からなる和音です。
ルートに上に短3度、その上に長3度の音を重ねたとも解釈できます。
いわゆる「ラドミ」。これも非常に馴染み深い和音ですね。
メジャーとマイナーの響きを実際に聴き比べてみると、なぜそれらがそう呼ばれるのかがよく分かるとおもいます。まあ、我々がなぜそのように感じるのか、という問題はなかなか難しそうですがw

ドの音(C)をルートとする場合、コードは「Cm」と表記します。(m=minor)
イメージ133

増三和音(オーグメンテッド・トライアド)

ルートに対して長3度、増5度からなる和音です。
ルートの上に長3度、その上にさらに長3度を重ねたとも解釈できます。
「augment」とは「~を増加させる」、「~を拡大する」などといった意味です。
「augmented」なのですが、大抵、面倒くさいので「オーグメント」と呼ばれます。

Cをルートとする場合「Caug」や「C(#5)」などと書かれます。「#5」は5度の音が増5度の音程ですよ、という意味です。
イメージ132

減三和音(ディミニッシュド・トライアド)

ルートに対して短3度、減5度からなる和音です。
ルートの上に短3度、その上にさらに短3度を重ねたとも解釈できます。
「diminish」は「~を減らす」、「~を小さくする」などといった意味です。
上と同じ理由により「ディミニッシュ」と呼ばれます。

Cをルートとする場合「Cdim」や「C(♭5)」などと書かれます。
イメージ134

sus4(サスペンデッド・フォース)

今までのものが3度ずつの堆積であったのに対し、これは例外です。
ルートに対して完全4度の音と完全5度の音からなります。
「suspend」は「~を吊るす」などといった意味です。実際に音を出すと、まさに4度の音がつるされて宙ぶらりんな感じが分かると思います。

Cをルートとする場合「Csus4」などと書きます。


と、今回はこんなところです。実際に音を自分で出して確認してみてください。

tag : 音楽 音楽講座

音程の転回

アドリブ入門講座第6回、というか前回、前々回の補足のようなものですが、「音程の転回」について述べるのを忘れていましたので、一応。

2つの音があるとき、上の音を1オクターブ下げるか、下の音を1オクターブ上げるかすると、2つの音の間の上下関係が逆転しますね。これを「転回」と呼びます。

転回すると、以下の法則によって音程が変化します。

1.(転回前の度数)+(転回後の度数)=9

2.短⇔長 , 減⇔増 , 完全⇔完全

例えば長3度を転回すると短6度になります。同様に、完全5度⇔完全4度、減2度⇔増7度などとなります。

tag : 音楽講座 音楽

サイト内検索
ウェブ検索
amazonで検索

リンク
RSSリンクの表示
プライバシーポリシー
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。